【気まぐれ日誌】 山笑う(やまわらう)  更新日:2018.4.12

 ここは東京都あきる野市の五日市、小和田地区。山肌や山麓の新緑が柔らかく、美しかったです。

 「山笑う」とは、俳句における春の季語。春の山の草木が一斉に芽吹いて、明るい感じになる様子。

 中国の北宋の山水画家・郭熙 (かくき) の画論 『臥遊録』 の 「春山淡冶 (たんや) にして笑うが如く、夏山蒼翠 (そうすい) にして滴るが如く、秋山明浄 (めいじょう) にして粧うが如く、冬山惨淡 (さんたん) として眠るが如く」 に拠るとされています。

 左の画は、古刹広徳寺の池です。鮮やかな新緑でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 アウトドアライター津波克明のPage 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新・季節の足音 9 しだれ桜 4/6
   ----- 
小さな旅
 多摩を歩く
 埼玉を歩く       12/31
 神奈川を歩く
 七福神巡り       1/12
多摩川の景趣      2/4    
荒川の景趣        2/8
   -----  
那須・塩原・南会津の山
そちこちの山      1/4
山歩会          4/6
 山歩会・同窓会    4/6
 山歩会の歌
山の花 ♪        
山の自然現象・動物 2017/4/28  
朝日・夕日        1/25 
農の風景        2017/11/21
漁の風景        4/2
何でも 日本一     2/17
折々の富士山      4/2
名瀑・無名瀑探勝    4/6
野鳥             4/6
   -----
よみうりカルチャー 
私の本・講座など 
ダイヤモンドダスト 
リンク   
    *
開設 2003/5/20
更新 2018/4/12

アクセスカウンター

Diamond Dustの記事、画像の著作権は津波克明にあります。無断使用は禁止します。