沖縄わがふるさとのTOPへ

沖縄-わがふるさと-   アップ:2018. 10.1

沖縄動物百科   掲載:1983年『エースガイド沖縄』日本交通公社

 沖縄の島々には、ほかの地方では見られない珍しい動物が多い。それは、アジア大陸と陸つづきだった時代にすんでいた動物たちが、島に取り残され、そのまま今日に至ったことによるようだ。イリオモテヤマネコやヤンバルクイナの発見に見られるように、沖縄にはいまでも未知の動物たちが生きつづけているのかも知れない。

イリオモテヤマネコ 
 昭和40年(1965)に西表島に渡った作家の戸川幸夫氏が頭骨と毛皮を発見したことから、存在が知られるようになった。"生きた化石"といわれるように、ネコ類のなかでもっとも原始的な種属だという。成獣は体長50~60㎝ほど。胴の背面は焦茶 (こげちゃ) 色で、灰褐色の腹部には黒褐色のはん紋がある。生息数、生態などいまでも未知の部分が多い貴重な動物だ。国の天然記念物。

リュウキュウイノシシ 
 沖縄本島北部、石垣島、西表島などにすむ。ニホンイノシシより体毛が黒く、冬には毛が密生するが、夏になると抜け落ちる。雑食性で夜は人家近くに現れ、サツマイモ、サトウキビ、パイナップルなどに被害を与えたりする。日本にすむイノシシのなかでは、もっとも原始的な形態のものといわれている。

ケラマジカ
 慶良間 (けらま) 諸島の屋嘉比 (やかび) 島と慶留間 (けるま) 島にすむニホンジカの亜種。ニホンジカに比べて体が小さく、角が短い。体毛は褐色で、メスや若いオスには、首から背にかけて一筋の黒い毛が生えている。国の天然記念物。

カンムリワシ 
 頭に冠のような羽毛が生えていることからこの名が付いた。インドから東南アジア、フィリピン、中国などに広く分布し、沖縄では石垣島、西表島、与那国島にすむ。おもに山地の森林に生息しているが、冬には田畑の上空など人家の近くに姿を見せる。八重山の古謡「鷲の鳥 (わしんぬど) 節」に詠まれている。国の天然記念物。

ノグチゲラ 
 沖縄本島の与那覇岳周辺だけにすむ珍鳥。キツツキ科の一属一種。ヒヨドリよりひと回り大きく、太いくちばしはのみのように尖っている。羽は褐色の地に暗赤色がかり、とくにオスの頭には帽子のような紅色の羽毛がある。生息数はきわめて少ない。国の天然記念物で、沖縄の県鳥。

ケナガネズミ 
 沖縄本島北部、奄美大島、徳之島だけに分布する一属一種の珍獣。背中に長い毛を生やし、体調は20㎝以上、尾は30㎝ほど。日本のネズミのなかでは最大。国の天然記念物。

オキナワトゲネズミ 
 沖縄本島北部の山中にすむ。体調15㎝、尾の長さは約10㎝で、身体全体に2㎝ほどの針状の毛が生えている。国の天然記念物。

リュウキュウヤマガメ
 沖縄では山原亀 (やんばるがーみー) とも呼ばれる。沖縄本島北部、久米島、渡嘉敷島の山中に生息する固有種。背の甲はだ円形で、水かきがあまり発達しないことから水中には入らず、山林や渓流近くの湿地帯にすむ。雑食性で、ミミズ、昆虫、木の実などを捕食する。国の天然記念物。

キシノウエトカゲ 宮古・八重山群島に生息し、日本では最大級のトカゲ。大きいものでは体長が30㎝を越える。背面は青味がかった白金色で、頬に大きな扇形をしたウロコ板があるのが特徴。日当たりのよい草地、低木林、海辺近くの砂地などで見かける。国の天然記念物。

リュウキュウキンバト 
 八重山群島にすみ、ハト類のなかでは小型のハト。羽は金緑色、胸から腹にかけては紫がかった灰色をしている。餌は木の実や雑草の実。国の天然記念物。

ダイトウオオコウモリ 
 南大東島、北大東島に分布する。頭から胴にかけての長さが20㎝ほど。首から背面の半分を越える部分まで黄白色の体毛がおおっている。若葉を好んで食べる。国の天然記念物。

ジュゴン 
 インド洋と太平洋のサンゴ礁のある海域だけにすむ。日本では八重山群島の近海で多く発見されていたが、近年はほとんど見られなくなった。毎年1子を産み、乳汁で子を育てる。沖縄の方言で「アカンガイユ(赤児魚)」とも呼ばれている。人魚のモデルとして有名。国の天然記念物。

ヤンバルクイナ 
 昭和56年(1981)11月、沖縄本島北部の山中で発見された。その後の調査から、クイナの新種であることが分かり、話題を呼んだ。身体のわりにはがっしり発達した鮮紅色の脚が特徴。分布や生態については、今後の調査・研究が待たれる。
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ハブ・・どの島にもいるという訳ではない   
 
    掲載:1983年『エースガイド沖縄』日本交通公社  *加筆2010年
 
 沖縄と奄美諸島には猛毒蛇の「ハブ」が生息する。記録によると、沖縄でハブに咬(か)まれる人は年間に200~300人もいるので、住民にとって最も恐るべき動物といえる。

 ハブは沖縄の島々全部にはいない。いる島といない島がある。その原因については、ハブの嫌う硫黄や燐鉱(りんこう)のある島には生息しないという説、大陸と陸続きだった時代には全域に分布していたが、海面の変動によっている島といない島ができた説など、諸説がある。しかし、いずれも決定的な要因とはいえないようだ。

 ハブは三角形の頭をもち、体長は1.5m~2m。山地と平地のいずれにも棲み、岩穴や粗雑な石垣、墓穴、ソテツなどの樹林の洞穴、アダン林等をすみかにしている。また夜行性で、とくに好物の鼠を狙ってサトウキビ畑やパインアップル畑、サツマイモ畑などに出没する。樹上、水辺、人家周辺などあらゆる場所で行動し、人家へも侵入し、勢い、人との接触も多くなる。4~6月、10~11月頃に最も活発といわれ、冬も温暖な日には活動する。

 18歳まで沖縄で過ごした私は、ハブを何度も見ている。山で、畑で、海岸でも。驚いたのは小学生の時。その時の校舎は藁葺きで、授業中に教室の天井から梁を伝わって、ハブが降りてきたのである。当時、「登校してきて教室へ入ったら、最初に机の引き出しをよく見てから教科書やノートを入れること」という教えがあった。引き出しの中にハブがいたら大変だからだ。

 ハブが人を襲うのは、至近距離に踏み込んだ時か、直接ハブに触れた場合。最近、市街地では見かけなくなったとはいえ、山に入る時やキャンプをする時には、要注意だ。もし咬まれた場合は、毒がまわらないうちに病院へ運びこむことが必要だ。血清の普及で死亡者は激減してはいるが、速やかな処置すれば、後遺症も軽くてすむ。

 なお、八重山地方に棲むサキシマハブはハブの近縁種で、ハブよりも毒は少ないが、恐いことではハブと同じ。沖縄にはほかに、ヒメハブ、ハイ、イワサキベニヘビという毒蛇がいる。

 しかしハブの咬症 (こうしょう) 患者がこれだけいるということは、沖縄の農業・観光業・教育活動に、有形無形の損害を与えているといえよう。いくら私が山好きといっても、沖縄の山へ積極的に登りたいという気持ちにはなれない。キャンプもしたくない。理由はハブである。