沖縄わがふるさとのTOPへ

沖縄-わがふるさと-   アップ:2018.10.1   掲載:1983年『エースガイド沖縄』日本交通公社

沖縄の歴史年表  出典:『沖縄百科事典』(沖縄タイムス社)ほか。 項目は後部に注釈あり。

605年(推古13) 隋の海師何蛮、流求を訪れる (随書)。
607年(推古15) 隋の煬帝、朱寛を流求に遣わす (隋書)。
608年(推古16) 隋の煬帝、再度流求を招撫するも従わず、島人の布甲を奪い取り去る (隋書)。
616年(推古24) 掖玖人、大和に帰化する (日本書紀)。
620年(推古28) 掖玖人、伊豆島に流れ着く (日本書記)。
631年(舒明 3) 掖玖人、 大和に帰化する (日本書紀)。
714年(和銅 7) このころ南島より大和朝廷へ遺使入貢がある。 
1187年(文治 3) この年、舜天 (しゅんてん。1166? - 1237?) 王が即位したと伝わる。
1260年(文応 1) 英祖 (1229-99) 王が即位したと伝わる。このころ仏教が伝来したという。
1314年(正和 3) このころから三山の対立激化。
1372年(文中 1) 中山王察度 (さっと。1321-95)、明に入貢する。
1429年(永享 1) 尚巴志 (しょうはし。1372-1439)、南山を滅ぼし沖縄を統一する (初代・尚氏王統の成立)。
1470年(文明 2) 尚円 (しょうえんおう。金丸。1415-76)、第二代・尚氏王統を樹立する。
1477年(文明 9) 第三代・尚真王 (しょうしんおう。1465- 1527)、即位。
1492年(明応 1) 首里円覚寺が建立される。
1500年(明応 9) 八重山群島で赤峰の乱起きる。
1532年(天文 1) 『おもろさうし』第一巻が編纂される。
1590年(天正18) 秀吉、朝鮮征服のための兵糧調達を琉球王国へ押しつける。
1605年(慶長10) 野国総管(そうかん。生没年不詳)によって中国から甘藷 (蕃藷 ばんしょ。ハンス芋)が移入される。
1609年(慶長14) 島津氏、沖縄に侵入する。
1611年(慶長16) 島津氏、琉球諸島の検地を実施。
1613年(慶長18) 『おもろさうし』第二巻が編纂される。
1623年(元和 9) 『おもろさうし』第三巻以下も編纂される。
1637年(寛永14) 宮古・八重山に人頭税が課される。
1646年(正保 3) 琉球王国、島津氏への借財返済のため、砂糖と鬱金 (ウコン) を専売制にする。 
1650年(慶安 3) 尚象賢 (しょうしょうけん。羽地朝秀 はねじちょうしゃう。1615-75) が沖縄最初の歴史書『中山世鑑』を著す。
1709年(安永 6) 丑年の大飢饉 (餓死3199人) が起こる。
1719年(享保 4) 組踊が初めて上演される。
1844年(弘化 1) フランス船来航し、開国を求める。
1854年(安政 1) 琉球王国、この年からアメリカ、フランスなどと修好条約を結び始める。
1872年(明治 5) 琉球藩が設置される。
1873年(明治 6) ドイツ商船宮古沖で遭難、乗組員を救助。
1875年(明治 8) 「琉球処分」が始まる。
1879年(明治12) 沖縄県を設置。
1880年(明治13) 県令、鍋島直彬。県内を9行政区に分け、各役所を設置。清国と分島・増約案を妥結。
1885年(明治18) 三井物産、西表炭坑の採掘開始。
1886年(明治19) 県令を県知事と改める。コレラ大流行 (死者1344人)。
1887年(明治20) 天然痘流行 (死者713人)。
1888年(明治21) 人口37万4698人。
1894年(明治27) 杣山 (そまやま) 開墾事件で謝花昇(じゃはなのぼる。1865-1908)、奈良原繁県知事 (1834-918)と対立する。
1898年(明治31) 徴兵制施行(先島は免役)。久米島で飢饉。
1899年(明治32) 初の海外移民、ハワイへ26人。その後の移民は南北アメリカ大陸を中心に21ヵ国(地域)に及ぶ。
1900年(明治33) 人口46万5470人。
1906年(明治38) 移民が4670人で、史上最高。
1910年(明治43) ネズミとハブの駆除のためインド産マングースを移入。那覇区内に電話開通。
1911年(明治44) 伊波普猷『古琉球』著す。
1914年(大正 3) 那覇-与那覇間に初の鉄道開通。
1920年(大正 9) 市町村制・府県制の特例撤廃で本土並の地方制度となる。初の国勢調査で人口59万1572人。
1921年(大正10) 沖縄初のメーデー行われる。柳田国男、民俗調査で沖縄へ。その見聞録を1925年『海南小記』にまとめる。
1924年(大正13) 戦後恐慌強まる (ソテツ地獄)。
1925年(大正14) 人口55万7993人。
1929年(昭和 4) 波照間島の燐礦採掘事業開始。
1931年(昭和 6) 沖縄教育者労働組合結成 (弾圧受ける)。
1935年(昭和10) 人口59万2239人。
1940年(昭和1)  『沖縄日報』『沖縄朝日新聞』『琉球新報』が統合され、『沖縄新報』となる (1県1紙)。
1941年(昭和16) 太平洋戦争勃発。
1945年(昭和20) 4月にアメリカ軍が沖縄へ上陸、6月に沖縄戦終了。12万人以上の沖縄県民が戦没する。
1953年(昭和28) 奄美群島、本土へ復帰。
1972年(昭和47) 沖縄、本土へ復帰。

【注釈】
古代の書物に、琉球は流求、掖玖などと表示。
7~8世紀の南島は、種子島から宮古・八重山群島までの広い範囲を指していた。
『おもろさうし』・・沖縄の古い歌謡を集録したもの。漢字表記すれば「おもろ草紙」となり、大和の「草紙」に倣って命名されたものと考えられている。なお「おもろ」の語源は「ウムイ=思ひ)」であり、そのルーツは祭祀における祝詞だったと考えられている。全22巻。
謝花昇・・沖縄自由民権運動の父と称される人物。沖縄県島尻郡東風平町 (現在の八重瀬町) 出身。東京帝国大学農科大学卒業。沖縄県最初の学士でもある。
琉球処分・・明治政府の手で行われた沖縄の廃藩置県のことで、これにより琉球王国は崩壊し沖縄県が設置された。
海外移民・・沖縄は「移民県」とも呼ばれた。外務省統計によると、第二次大戦前までの沖縄県の移民数の累計は7万2227人で、全国 (65万5661人) の11%に相当。
ソテツ地獄・・第一次大戦後の戦後恐慌期、世界大恐慌期の慢性的不況下における、沖縄経済及び県民生活の窮迫状況を意味した流行語。米はおろか芋さえも食できず、野生のソテツの実を食べて飢えをしのんだ。