沖縄わがふるさとのTOPへ  

沖縄の歴史   アップ:2018.10.1  掲載:1983年『エースガイド沖縄』日本交通公社

按司(あじ)発生まで・・


 17世紀初頭に沖縄の古歌謡を集大成して作られた『おもろそうし』のなかに出てくる国土創造の謡 (うた) によると、沖縄の人々の祖先は、海の彼方から移住してきた「アマミキヨ」だという。

 この謡がどこまで正しいかはともかく、紀元前1000年頃から、縄文文化を北九州から奄美を経て、沖縄へ移入した民族がいたことは事実らしい。

 本土の方は、紀元前3世紀頃から水稲耕作が一般化し、鉄器も導入されて、縄文文化から弥生、古墳文化へと発展していった。しかし沖縄では、海で隔絶された地理的環境から水稲耕作については6~7世紀、鉄器に至っては12~13世紀になって、やっと移入されたという。

 7世紀に入って、大和朝廷は遣唐使の派遣コースにあたる、当時「南島」と呼ばれていた沖縄との関係が必要となり、遣使入貢を求めることになった。『続日本紀』などによると、8世紀初頭には、最南端の八重山群島までが入貢していたという。

 当時「南島」といわれていた地域は、種子島から遠く宮古・八重山群島など先島までの範囲を指すが、「おきなわ」の語が初めて登場するのは、宝亀10年(779)、淡海三船 (おおみのみふね) が著した『唐太和上東征伝』で、「阿児奈波島(うちなはじま)」となっている。

 また「琉球」の語が初見できるのは、中国の史書隋書 (ずいしょ) で、文中1年(1372)には明の太祖 (たいそ) がこれを正式国名として承認したという。

 農耕技術が発展するに伴って、9世紀頃から沖縄各地にも有力な豪族が現れるようになった。11世紀末には、その豪族の中から按司 (あじ) と呼ばれる強力な首長が生まれ、城(ぐすく)を築くようになる。

 やがて源為朝の子と伝えられる舜天 (しゅんてん) が、按司の中の按司、つまり王として周囲から認められるようになった。これが舜天王統で3代続き、英祖 (えいそ) 王統へと引き継がれていったという。このあたりの歴史の流れは文献が少なくて、伝説的な色合いが濃いといわれている。

 そして14世紀に入ると、再び分裂が始まり、沖縄本島は中山、北山、南山の三山に分かれ、それぞれ中国の明に入貢して王号を授かった。

三山分裂から沖縄統一へ・・

 15世紀初頭に沖縄にも本格的な古代統一国家が誕生した。これが首里を首都とする第1尚氏王統だ。この立て役者となった尚巴志 (しょうはし) は、沖縄本島南部の佐敷 (さしき) の按司 (あじ) であった。

 三山の王統を次々に攻略し統一を終えると、尚巴志はまず、明に使者を送り、琉球国の国王に任じてもらった。尚巴志はこれを機に中国との貿易を国営事業として一元化し、利益の集中をはかったのである。

 しかし、国内ではまもなく有力按司の内乱が相次ぐようになり、強力な国家体制を築くまでには至らなかった。文明2年(1470)、伊平屋島の農民から身を起こした金丸(かなまる)を中心とする勢力の手により、もろくも瓦解することになる。

 金丸は尚円王 (しょうえんおう) と名乗り、第2尚氏王統の始祖となった。尚円王は前王統の弱点を克服すべく、古代国家体制の再編教化をはかった。さらに3代目尚真王(しょうしんおう)は、各地に割拠していた按司たちを首里に集めるなど中央集権化にも努め、4代目尚清王 (しょうせいおう) の時代には、奄美大島から宮古・八重山群島にまたがる琉球王国を完成させた。

 以後、薩摩島津氏の支配下に入るが、19代、409年にわたってこの王統は続くのである。とくに慶長14年(1609)、島津氏に征服されるまでは、中継ぎ貿易によってこの王国は繁栄し、琉球の『万葉集』ともいわれる『おもろさうし』の編纂など、文化的にも発展した時期であった。沖縄の歴史の中でも真に自主独立の時代で、琉球文化の黄金時代ともいえるだろう。

島津氏の進入・・

 天正15年(1590)、秀吉は薩摩の島津義久を介して、時の尚寧王 (しょうねいおう) に朝鮮征服のための出兵を命じた。出兵は兵糧調達命令(7000人分の10ヵ月)と変わったが、尚寧王はこれを断った。

 このことを口実にして、島津氏は慶長14年(1609)に沖縄へ侵入した。朝鮮出兵などで藩財閥が疲弊していた薩摩藩にとって、中国貿易の足場となる沖縄が必要だったのである。

 当時の沖縄では、各地の按司たちの反抗を防ぐために、武器が取り上げられており、禁武守礼の国として太平に慣れていた。そこへ戦国時代に幾たびも戦火をくぐってきた百戦錬磨の薩摩軍3000人が鉄砲をもって進入してきたので、琉球王国軍はひとたまりもなく敗れてしまった。尚寧王をはじめ、多くの重臣たちは捕らわれて薩摩へ連行された。

 島津氏に服従と忠誠を誓って2年後に釈放された尚寧王の手元に残ったものは、沖縄本島以南の約9万石の支配を認めるという知行目録のみで、与論島以北の奄美群島は、島津氏の直轄領として幕藩体制に組み込まれた。そして那覇には監視のため在藩奉行が置かれ、尚寧王は単に中国貿易を継続するためだけの名目的な国王となってしまった。

 島津氏はこうした支配体制を固める一方で、中国から冊封使 (さくほうし) が来ると、薩摩の役人は姿を隠し、冊封使の滞在中は、いわゆる「大和めきたるもの」、日本の年号や言葉、書物、ふんどしに至るまで、使用禁止とした。これは島津氏の沖縄実質支配が中国側に知られると、貿易を止められてしまうからだ。

 近世沖縄史は、このように島津氏の強力な規制を受けながら展開したが、それは一方では沖縄の支配層に意識の変革を求めさす、大きな刺激になった。

 『中山世鑑』の編者尚象賢 (しょうじょうけん 羽地朝秀) や三司官の蔡温 (さいおん) らは、島津氏の支配を承認しつつも、その範囲内で進歩的な政策を推進した。王府の修史事業を初め、琉歌・三味線音楽・組踊など、沖縄特有の文芸が完成期を迎えたのも、この時代だ。しかし農民たちは、薩摩と琉球王国の二重の収奪下に置かれて、悲惨な生活に追い込まれて、農村は慢性的な飢餓状態が続いた。

琉球処分前後・・

 明治維新により、日本には近代国家が生まれた。明治政府は沖縄を日本に統合しようともくろむが、沖縄内部の支配階級の反対にあった。役人たちは、日本に併合されることで禄や権力の失うことを恐れて、廃県処分に強固に反対したのである。

 それに加えて明治政府は、清国からも、琉球は数百年来、わが国から冊封(さくほう)を受けてきた独立国だ、と抗議された。しかし政府は、それらの反対を押切り明治12年(1879)、武力を発動して沖縄県の設置を強行した。いわゆる「琉球処分」である。第2尚氏の君臨した琉球王国は、これで解体した。

 明治政府の沖縄統治政策は、旧支配層を懐柔するため旧慣を温存した。このため地租改正、市町村制施行、府県制施行、衆議院選挙法施行などの諸制度の改革が、他府県に比べていちぢるしく遅れる結果となった。

 さらに政府は、沖縄を統治するにあたっては、沖縄県人はすべて排除し、県政の要職を他府県人で占めさせた。下級士族たちは職を失い、巷 (ちまた) にあふれ、農民大衆も変わりばえのしない底辺の生活に呻吟させられていたのだ。

 県政の要職が他府県人で固められたのは、廃藩直後の数年だけではない。とくに明治25~41年(1892-1908)の奈良原県政は、県の主要人事を鹿児島県人で固め、経済的にも鹿児島県人が独占的な支配権をにぎった。

 このようななかで、1890年代から沖縄県人の近代的な権利意識が高まっていく。宮古島の人頭税廃止などの運動が起き、また謝花 昇 (しゃばな のぼる) を中心としたグループが、専制的な奈良原県政に対抗していった。やがてこれらの動きに押されて、本土には大きく遅れたが、大正9年(1920)にいたって、やっと選挙制度や市町村制度などが完全実施された。

 しかし、大正末期の砂糖相場の暴落などにより、沖縄経済は破たんし、県民の生活はソテツの実まで食べるといった、いわゆる「ソテツ地獄」にまで追い込まれてしまった。

 大量の労働力は本土や海外へ流失した。政府は沖縄救済のため国費を支出して、当面の破局を救ったが、その後に国会で承認された産業振興15ヵ年計画は、太平洋戦争のために中止され、やがて沖縄県民もその渦中に引きずり込まれていくのである。

沖縄戦と復帰運動・・

 太平洋戦争のなかでも沖縄戦はとくに悲惨であった。26万人もの命が奪われた。犠牲者の半数以上は非戦闘員の沖縄一般県民であった。街や野は焦土と化し、ゼロからの出発が強いられた。加えて祖国から分離されて、アメリカ軍の直接統治下に置かれた。

 戦後の極東情勢の緊迫化と冷戦状況を背景に、沖縄は極東戦略の要と位置づけられ、基地の建設が次々と行われた。基地周辺ではアメリカ人による犯罪が続出し、市民の不安を募らせた。

 さらに朝鮮戦争によって基地拡大に拍車がかかり、民有地の強制収容も多くなった。このため、土地闘争が組まれるようになり、昭和35年(1960)には祖国復帰協議会も結成された。反戦平和、反基地闘争の性格を濃くした復帰運動は、あらゆる階層の人々が結集した。そしてついに昭和47年(1972)5月15日、27年ぶりに沖縄県が復活することになった。

復帰後の沖縄・・

 施政権変換の実現を果たした新生沖縄県の出発は、米軍統治時代の問題の大半を引きずりながらの船出であった。復帰後も米軍基地に依存する経済から脱することができず、いわば消費一辺倒の経済で、その脆弱(ぜいじゃく)性は各方面から指摘されている。

 年々伸びを示している観光産業や、サトウキビ・パインを主とする農業、肉牛飼育を中心とする畜産業などに自立経済への望みが託されている。しかし、いずれにせよ、沖縄の前途は多難である。