沖縄わがふるさとのTOPへ

沖縄-わがふるさと-   アップ:2018.10.1

沖縄植物百科   掲載:1983年『エースガイド沖縄』日本交通公社

 亜熱帯のなかでも熱帯に近い沖縄の島々には、実に多くの亜熱帯・熱帯植物がある。その原産をたどると東南アジアからインド、アフリカ東南岸、オーストラリアなどの国々から黒潮にのって北上してきたものが多いようだ。

リュウキュウマツ 
 八重山の西表島から鹿児島県のトカラ列島までに分布する。古くから集落や農地の防風林として植えられ、街道の並木にもなった。沖縄の県木で、とくに久米島の五枝ノ松、伊平屋島の念頭 (ねんど) 平松、今帰仁村仲原馬場の松並木は天然記念物に指定されている。常磐木(ときわぎ)として、多くの歌にも詠まれてきた。

ガジュマル 
 ガジマルともいい、島によってはガザムネー、ガチパナとも呼ばれる。東南アジアの熱帯・亜熱帯地方に分布し、日本では屋久島が北限。幹や枝から多くの気根を垂らし、それが地面に達すると支柱根になる。1本の樹で森のようにうっそうとした樹冠をつくり、公園・学校などの日陰木に最適。むかしは精霊が宿るものとして神木や霊木にした。名護市のヒンプンガジュマルは、とくに有名。

フクギ 
 東南アジアに広く分布する。防災樹として最適な植物で、古くから集落や屋敷の防風・防潮林として沖縄の各地で植えられてきた。幹はまっすぐに伸び、長円錐形に枝を広げ、柿によく似た黄色い実ができる。樹皮は沖縄特産の染織紅型(びんがた)の染料に使われる。

イヌマキ 
 地方によってはチャーギ、キャーンギともいう。幹は真っすぐに伸び、老木になると樹冠が広がる。材質は堅く、つやがあり、湿気に強いことから建築材として多く使われている。藩政時代には王府のご用木で、一般に伐採するのは禁じられていた。東南アジアから琉球諸島、九州、四国、中国地方に分布する。

デイゴ 
 沖縄の県花に指定されている。4~5月、新緑に先立って小枝の先端から20~30cmの真っ赤な総状花序を放射状に伸ばす。その姿は筆の穂先に似ていて、「天空に文字を書く」と形容される。材質がやわらかく軽いので琉球漆器の原材になる。琉歌に「春過ぎて、夏にたちかえて咲ゆる梯梧(でいご)の 紅(くれない)の花の美(きよ)らさ」とあり、はるか八重山民謡などに歌われている。ディーグ、ドゥフ、ズグ、ジュウキなど、島によっていろいろな呼び方がある。

モクマオウ 
 オーストラリア、ニューギニアの原産。沖縄の木のなかではもっとも成長が早く、海岸の砂地に適しているので保安林として植えられてきた。

ヒルギ 
 薩摩半島南部が北限。海水の出入りする河口、川岸、入り江などに一大群落をつくる。満潮のとき水中に浮かぶ森のように見えることから海漂林 (かいひょうりん)。マングローブとも呼ばれる。沖縄にはメヒルギ、オヒルギ、ヤエヤマヒルギの3種がある。

アダン 
 奄美大島以南の海岸やそれにつづく低地原野に生える。台風や潮害に強く、防潮林としてなくてはならない大切な木。古くは、葉をござ、ぞうりなどに編み、幹は納屋、小屋などの柱に使用し、日常生活との結びつきが強い。パイナップルのような大きな実ができる。

ビロウ
 クバとも呼ばれるヤシ科の高木。幹を真っすぐに伸ばし、上部に、天狗の羽うちわのような大きな葉を広げる。古くから葉はうちわ、笠などに活用され、今でも観光みやげの民芸品に多く使われている。

シュロ 
 高さ4~5mになる中型のヤシ。日本原産のものはワジュロと呼ばれる。さやの部分はシュロ皮といい、みのや縄などに利用され、むかしは王府への貢物のひとつだった。

ココヤシ 
 沖縄に約50種あるというヤシ類のなかでも、ヤシといえばココヤシを指すほどで、ヤシ類の代名詞になっている。若い果実には胚乳(はいにゅう)の液があり、飲用できる。また固まった胚乳からとれるコプラ油は、人造バターやせっけんなどの材料に使われる。

ヤエヤマヤシ 
 西表島の星立と仲間、石垣島米原の3カ所だけに自生するヤシで、いずれも天然記念物に指定されている。幹の太さが直径60~70cm、高さが20m以上もあり、天に向かって伸び立つ姿は、ヤシの王者と呼ぶにふさわしいものだ。

ソテツ 
 琉球諸島を中心に、九州南部から中国南部まで分布する。古くから防風、防潮や土砂流出を防ぐために、農耕地の畔に植えられた。幹や実はでんぷんを多く含み、食用にできる。

サトウキビ 
 インド原産で、14世紀に中国から沖縄に伝来したといわれる。沖縄の代表的な作物。茎は成熟すると2~3mの高さになる。緑のじゅうたんを敷いたようなサトウキビ畑の広がりは、沖縄や奄美の独特な風景だ。

パイナップル 
 原産はブラジル。甘味と酸味とがほどよく調和した風味のよい果物で、サトウキビと並んで沖縄の重要な作物。各地にパイン園があり、露店売りの光景が見られる。

パパイヤ 
 熱帯アメリカ原産の果樹。幹の高さは大きいもので7~8mまで伸びる。幹先に天狗のうちわの形をした葉が付き、その下に直径15㎝ほどの丸い実が鈴なりになる。沖縄では、まだ実が青いうちに炒めたり漬物にしたりする。黄色に成熟すると、生で食べられる。独特の臭気があるが、レモン汁をかけて食べると美味だ。

バナナ 
 熱帯、亜熱帯の国々で広く栽培される代表的な果樹。沖縄にも在来種が生えていたが、明治後期に小笠原や台湾から導入されたものが在来種のようになっている。これがいわゆる島バナナで、台湾などの輸入品と区別して呼ばれる。
 那覇の公設市場では、1房ずつひもで吊り下げて売る珍しい光景を見ることができる。また、バナナによく似たイトバショウの繊維からとった糸で芭蕉布が織られる。

クロトン 
 アジア熱帯地方の原産。沖縄では観葉植物の王者ともいわれるほど、各家庭に広く植えられている。変葉木とも呼ばれるように、葉色はいろいろで形もさまざま。

ハイビスカス 
 東インドおよび中国の原産。花の色は赤、黄、橙、白、桃といろいろあり、一重咲き、二重咲きがある。沖縄では真っ赤な一重咲きの「アカバナー」が代表的。扶桑花 (ブッソウゲ) とも後生花 (ぐそうばな) とも呼ばれ、季節を問わず1年中咲いている。

ブーゲンビリア 
 イカダカズラともいい、ブラジルの原産。ハイビスカスと並んで、南国を代表する桃赤色の美しい花。

ポインセチア 
 メキシコ原産の常緑低木。ショウジョウボクとも呼ばれる。沖縄では12月になると羽のような形をした苞が赤くなる。