沖縄わがふるさとのTOPへ

沖縄-わがふるさと-   アップ:2018.10.1

沖縄の歌と踊り  掲載:1983年『エースガイド沖縄』日本交通公社

 沖縄はよく 「歌と踊りの島」といわれる。どこの地方でも郷土芸能といわれるものは伝わるが、沖縄ほど歌や踊りがいたる所で見ることができ、日常の生活に染みこんでいる所も少ないだろう。

 本土から海で隔てられた地理的条件、亜熱帯に属する自然環境、そして繰り返し外圧を受けてきた歴史のなかで、人々の生きる喜びの証 (あかし) として発展してきたのが沖縄の歌と踊りだ。

 沖縄の歌と踊りは、沖縄本島、宮古、八重山と、それぞれの地域によって内容もかなり異なったものが伝わるが、その起源は、おおよそ次の3つに分けられる。

 まず第一に、古来から神事とともに行われた奉納のための歌や踊り。第二に、14~15世紀に興りつつあった琉歌と三味線 (沖縄では三線 サンシンという) とが結びついて生まれた三味線音楽。第三は、15世紀以降に成立した宮廷芸能、御冠船踊(うかんしんうどぅい)と、その系譜である。そして明治以降、これらの芸能が基礎となって、雑踊(ぞううどぅい)や沖縄芝居なども生み、今日の沖縄の芸能が形作られたとみることができる。

神々への祈り

 村々の御嶽 (うーたき) に降臨する神々を祀る歌や踊りは、沖縄各地に素朴な姿のまま今に伝わる。厄災から逃れ、干魃を払って、五穀豊穣を願い、感謝する歌や踊りには、切ないほど民衆の祈りが込められている。
 これらの民俗芸能は中国、南方、本土それぞれの影響を受けながらも巧みに消化して、独自のものとなっており、獅子舞、棒踊り、打花鼓(たーふぁーくー)、臼太鼓(うすでーくー) を初め、七月エイサー(盆踊り)や祝女(のろ)の祭事など多彩である。

三味線 (三線) の伝来

 沖縄の三味線は錦蛇の皮が張られているので、本土では蛇皮線とか蛇味線とも呼ばれているが、沖縄ではサンシン、またはシャミセンと呼ぶのが一般的だ。いつ頃沖縄に伝わったかは定かではないが、14世紀頃に中国南部から伝来したといわれている。

 沖縄の芸能は、この三味線の登場によって大きく変わった。鼓など、単調なリズム楽器だけで歌われ踊られてきた沖縄の祭式歌謡「おもろ」から、やがて三味線にのって歌う八八八六調の定型をもった「琉歌」が生まれてくるのだ。これは後に宮廷芸能にも大きな影響を与えることになる。

 こうしてできた三味線音楽の基礎を固めたのは、幸地賢忠 (こうちけんちゅう)、後の湛水 (たんすい) 親方 (1623-88) である。湛水は作田節 (つくてんぶし)、首里節などを作り、湛水流の創始者となった。この流派からは、中国の音符を用いて、楽譜 (工工四 くんくんしー) を作った屋嘉比朝寄 (やかびちょうき 1716-75) も輩出した。

 現在は湛水流のほか、野村流、安富祖(あふそ)流の3流派があり、すべて県の無形文化財に指定されている。
 なお、沖縄の楽器には三味線のほか、琴、胡弓、笛、太鼓、それにカスタネットのような四つ竹がある。

御冠船踊 (うかんしんうどぅい)とその系譜

 琉球王府では国王の即位のたびに中国の皇帝から冠が授けられた。つまり国王の認証を受けるわけだが、その使者(冊封使 さっぽうし)を歓迎し、国をあげて祝宴が開かれた。宴の余興として踊りが披露されたが、その歌や踊りを御冠船踊と呼んだ。

 こうしたなかで王府は18世紀初頭に踊り奉行を設置し、初代奉行に玉城朝薫 (たまぐすくちょうくん 1684-1734) を任命した。朝薫は江戸や薩摩に出かけ、和歌や能、邦楽を学んで、本土の芸能に造詣を深めた。そして沖縄の神話や伝説を題材とした組踊 (くみうどぅい) と端踊 (はうどぅい) のひとつ女踊 (おんなうどぅい) を創作し、御冠船踊を完成させたという。

【組踊 くみうどぅい
 玉城朝薫の創作した組踊は、地謡 (じうたい) がうたわれ、役者が舞い、せりふをしゃべり演技するといった総合舞台芸術だ。全体的には能楽の雰囲気を持つ。「執心鐘入 しゅうしんかねいり」「銘苅子 めいかるしー」などの朝薫の5つの作品を、とくに組踊五番と呼んでいる。朝薫以降も数多く創作され、現在でも30曲あまりが残されている。

【端踊 はうどぅい
 朝薫によって作られた女踊や宴の最初に踊る老人踊、その次に踊る若衆踊 (わかしゅううどぅい)、それに二才踊 (にーせうどぅい)を指していう。
 *女踊・・能仕舞や地唄舞に似て、静かで優雅な踊りだ。とくに色鮮やかな紅型 (びんがた) うちかけの衣装は豪華。朝薫の7つの作品を指して、女踊七番という。 
 *老人踊・・宴能の形式を重んずる御冠船踊にあって、冒頭の祝儀として踊られる。ちょうど謡 (うたい) の「高砂」にあたるものだ。
 *若衆踊り・・動作が緩やかな踊り。振り袖のあわせを着流しにして、それに引き羽織といった衣装で踊る。若衆とは元服する前の少年のことである。
 *二才踊・・男踊ともいわれ、古典舞踊のなかで、もっとも軽快活発な踊り。黒紋付きに鉢巻き、脚絆の姿で踊る。

明治以降に生まれた雑踊 (ぞううどぅい)

 明治12(1879)年の廃藩置県後、市井に下った宮廷芸能の主体となっていた人々が、宮廷芸能を基調としながら、民俗芸能を取り入れて、振り付けたものが雑踊だ。「浜千鳥」「花風 はなふう」「谷茶前 たんちゃめー」「むんじゅるー」などに代表される。