山の雑学集のページへ

日本のアルプス  調査・執筆:津波克明  *この記事は2007年に発行された『なるほど知図帳 日本の山』(昭文社)に掲載。
                    * 誤りや間違いなどがあればご容赦ください。また、最新の地形図による確認作業は行っておりません。

【 日本のアルプス全員集合!! 】


 アルプスといえば日本アルプス(北・南・中央アルプス)を指すが、それとは別に、各地に○○アルプスと呼ばれる山群がある。標高100~300m級の超低山のアルプスもあって地元の人に親しまれ、まるで「おらがアルプス」的存在。

長瀞アルプス (埼玉)
 ライン下りで有名な長瀞の西側にある天狗山、野上峠、宝登山(497m)などの低い山並みをいう。ロープウェイが架かる宝登山はロウバイで有名。

房州アルプス (千葉)
 富津市の中央部。梨沢と志駒川に挟まれた鹿原(しっぱら)から保田見(ぼてみ)間の5kmにも満たない小さな尾根。昔から親しまれてきた里道がある。標高は200m級で、中ほどに2等三角点の峰(267m。国土地理院の点名は梨沢)がある。

鎌倉アルプス (神奈川)
 古都鎌倉の市街の背後に連なる低い山並みで、東から西へ天台山、六国峠(159m。天円ともいう)、大平山、鷲峰山と続く。六国峠からの展望が素晴らしく人気がある。

頸城アルプス (新潟・長野)
 頸城山塊のこと。妙高山から火打山(山塊の最高峰で2462m)、焼山、金山、天狗原山、雨飾山など2000m級の高峰が続く。山塊の主峰は妙高山(2446m)で豪快な山容。火山の焼山は登山禁止である。高山植物が豊富。一帯はわが国有数の豪雪地で、妙高山の東麓にはスキー場が多い。

沼津アルプス (静岡)
 沼津市街の東にある桜の名所香貫山から南へ横山、2等三角点のある徳倉山(256m。通称象山)、志下峠、鷲頭山(392m)、大平山と続く山並み。富士山や南アルプス、駿河湾の眺望がよく、地元の人々に親しまれている。

北勢アルプス (三重・滋賀)
 鈴鹿山脈のことを指す。北は霊仙山に始まり、御池岳(1247m。山脈の最高峰)、藤原岳、龍ヶ岳、釈迦ヶ岳、主峰の御在所山(1212m)、鎌ヶ岳などがある。南は鈴鹿峠で、延々約100kmに及ぶ。

湖南アルプス (三重・滋賀・京都)
 琵琶湖の南、信楽山地の北西部をつくる山群の総称。田上山(たなかみやま。田神山、谷上山、手上山)とも呼ばれ、『万葉集』や『日本書紀』などにも登場する。大戸川と信楽川に限られた小さな山並みで、主峰は太神山(600m)。ほかに猪背山など。

須磨アルプス (兵庫)
 六甲山地の西端に位置し、ロープウェイが利用できる鉢伏山、鉄拐山(てつかいざん)、栂尾山、横尾山(312m。2等三角点)と続く。さらに馬ノ背と呼ばれる花崗岩の風化したヤセオネは、ちょっとしたアルプス気分。瀬戸内海の風光も明媚で人気が高い。一帯は源平の合戦に因む史跡が多い。

多紀アルプス (兵庫)
 篠山盆地の北方にある多紀連山のこと。東から西へ小金ヶ嶽、主峰の三嶽(別名が御岳。793m。1等三角点)、西ヶ嶽と続く稜線。珪岩からなる岩峰が屹立し、アルプス的雰囲気。古くは修験道の山だった。篠山盆地を見下ろし、北摂の山々が望める。

天草アルプス (熊本)
 天草諸島の上島東部を南北に連なる2列の山地。標高300~500m。北から金比羅山、白嶽、鹿見岳、龍ヶ岳(470m)と続き、並行して千巌山、次郎丸嶽、念珠岳(503m)が連なる。特異な風化景観を呈する。

洋上アルプス (鹿児島)
 屋久島の主峰宮之浦岳(1936m)を中心とした山群で、海上アルプスともいう。永田岳、黒味岳など1800m級の高峰が連なり、海上から見るとまさにアルプスの感。

◆その他のアルプス
三浦アルプス (神奈川県逗子市・葉山町・横須賀市) 仙元山(118m)、乳頭山(211m)など。
湘南アルプス (神奈川県平塚市・大磯町) 高麗山(168m)、浅間山(181m)など。 
比叡アルプス (滋賀・京都府境) 比叡山(大比叡848m)、永井山(794m)など。
小野アルプス (兵庫県小野市) 惣山(小野富士198m)、紅山(184m)など。
和気アルプス (岡山県和気町) 和気富士(173m)、神ノ上山(370m)など。
周防アルプス (山口県柳井市) 琴石山(545)、三ヶ岳(495m)など。