山の雑学集のページへ

男と女の山・ファミリーの山 調査・執筆:津波克明 2005年

 2つの峰をもつ山や隣接する2つの山を、古人は男と女の山にたとえた。そして山頂に男神・女神を祀っては願望成就を祈願した。なかには
周辺の山を組み入れてファミリーを形成した山もある。

 全国の地形図や、昭文社の『山と高原地図』 (約60点) から男女の山をつぶさに拾い、リストを作ってみた。その数が32組。

 男女の山は東北、とくに岩手県と秋田県に多かった。また山名や、その読み方に地方色が感じられて、私にはリストを見ているだけでも楽しくなってくる。

 それぞれの男女の山の標高を比較すると、男山の高いのが 24、女山の高いのが 8 となっている。古人は高い山を優先的に男山と呼んだようである。

 なお、ファミリーの山は、日光男体山と三瓶山などに見られる。

 * 誤りや間違いなどがあればご容赦ください。また、最新の地形図による確認作業は行っておりません。



■リスト・全国の男女の山    緑色の地名は5万図の図名

雌阿寒岳   1503m   (北海道)  阿寒湖
雄阿寒岳   1371m     〃     阿寒湖

後方羊蹄山(雌岳・女岳)1883m(北海道)  留寿都
尻別岳    (雄岳・男岳)1107m   〃     留寿都

男助山   758m (岩手)  鴬宿
女助山   610m  〃    鶯宿

男和佐羅比山   814m (岩手)  陸中野田
女和佐羅比山   720m  〃     陸前高田

片羽山(雄岳)  1313m (岩手) 遠野
     (雌岳)  1291m  〃    遠野

男火山   860m (岩手)  遠野
女火山   853m  〃    遠野

秋田駒ヶ岳(男岳)1623m (秋田) 雫石
        (女岳)1610m  〃    雫石

男神山  859m (秋田)  森吉山
女神山   840m   〃    森吉山

雄長子内岳  470m (秋田)  稲庭
雌長子内岳  440m  〃    雫石

男神山   341m (秋田)  碇ヶ関
女神山   280m  〃    碇ヶ関

男甑山  981m (秋田・山形) 湯沢
女甑山  979m    〃     湯沢

男加無山  997m (山形)  湯沢
女加無山   924m  〃    羽前金山

二岐山(西岳・男岳)1544m (福島) 田島
     (東岳・女岳)1504m   〃   田島   

筑波山(女体山)  876m (茨城) 真壁  
     (男体山)  870m  〃   真壁

男体山     2486m (栃木) 男体山
女峰山     2483m  〃   日光
太郎山     2368m  〃   男体山
大真名子山  2357m  〃   日光
小真名子山  2323m  〃   日光

二ツ岳(雄岳)  1343m (群馬) 榛名山
     (雌岳)  1300m  〃   榛名山

高岩(雄岳)  1050m (群馬) 御代田
   (雌岳)  1040m  〃   御代田

女岳  620m (埼玉) 寄居
男岳  480m  〃   寄居

二子山(雄岳)  883m (埼玉) 秩父
     (雌岳)  810m  〃   秩父

女神山  580m (新潟)  赤泊
男神山  480m  〃    赤泊

男山  1851m (長野)  金峰山
女山  1734m  〃    金峰山

夫神岳  1250m (長野) 坂城
女神岳   927m  〃   坂城

二上山(雄岳)  510m (大阪・奈良) 大阪東南部
     (雌岳)  474m   〃      大坂東南部

雌岳(雌岡山)  249m (兵庫)  神戸
雄岳(雄岡山)  241m  〃    神戸

三瓶山(男三瓶山)1126m (島根)  三瓶山
     (女三瓶山) 950m  〃    三瓶山
     (子三瓶山) 961m  〃    三瓶山
     (孫三瓶山) 890m  〃    三瓶山

雄山  1153m (岡山)  上石見
雌山  1067m  〃    勝山

男鹿山  634m (広島) 府中
女鹿山  630m  〃   府中

雌山  164m (香川) 玉野
雄山  140m  〃   丸亀

雌岳     562m (福岡)     久留米
男(雄)岳  532m (福岡・熊本) 山鹿
姫御前岳  596m    〃     久留米

男岳  160m (長崎) 勝本
女岳  140m  〃   勝木

雄嶽(三王山)  439m (長崎) 有川
雌岳        400m   〃  有川

矢筈岳(雄岳) 687m (熊本・鹿児島) 出水
     (雌岳) 600m     〃      出水

*ここで取り上げた山は地形図や登山地図を調べて、隣接していたのでカップルとしたが、実際にはそうでない場合もありうる。
またカップルの山はほかにも多いと思われる。

*二岐山は、西岳・東岳が逆になっている文献もある。

*『ふくしまの山50』(歴史春秋社)で、二ツ箭山に男体山・女体山の岩峰が記載されているが、地形図で確認できなかったので省略した。

*筑波山は双耳峰でもある。

*大分県の鶴見岳も男女の山だが、どの峰が男女か不明で省略。

*標高は、地形図で示されていない山は等高線から採用。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆地形図では、そのほかに次のような男と女の山があった。

 女山の方が圧倒的に多い。なかには、近くにカップルといえる山があるのかもしれない。

《男山》
男山    162m (岩手)      北上
男体山   654m (茨城)     大子
男山    585m (新潟)     岡野町

《女山》
女神山   956m (岩手・秋田  六郷
女神山   599m (福島)     保原
女体山   409m (栃木)     喜連川
女体山   760m (香川)     高松南部
東女体山 674m (香川)     高松南部
女岳    740m (福岡・佐賀) 浜崎
女山    686m (佐賀)     武雄
女岳    254m (熊本)     牛深
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ところで、なぜ男女の名前を山名に付けたのだろうか。

 2つの峰をもつ山や相接する2つの峰などを、なぜ単純に男山・女山と呼んだのであろうか。いろいろ調べてみると、
山の神と関係が深いようである。

 昭和26年発行の『民俗学辞典』(東京堂)には、「山の神は男神だという所と女神だとする所とがある。あるいは木地屋のように夫婦神として
信ずるものもある。猟師の間では、武力によって神を助けた男神だとする話と、女神である山の神の産を助けたために神の祝福を受けた狩人
の物語とが伝えられている。農民の間にも山の神を女神とする信仰は多く、一年に十二の子を生むという所もある。」と書かれている (原文の
旧字は新字に直した)。それと似たような話は、ほかの文献でも見られる。