山の雑学集のページへ

同名の山  執筆:津波

■山名で多いのは何 (同名の山) ?


「わが国には何という名前の山が多いか?」

それに答えてくれたのが三省堂の『日本山名事典』。同書の編集委員の武内正氏がそれをまとめている。
その労作を参考にしたベストテンは?

1位が城山で298山、2位が丸山で187山、3位が愛宕山で121山、4位が権現山で89山、5位が大平山で89山、

6位が高山で82山、7位が大森山で66山、8位が烏帽子岳で57山、9位が飯盛山で56山、10位が妙見山で55山。

以下、高倉山、茶臼山、天狗山、高森山、高尾山、国見山、黒森山、大山、天神山、三角山と続いている。

ただし、「城山には○○城山を、大平山には太平山を含めず、完全に合致する山名のみの合計であり、これらを含めるともっと多くなる」
という但し書きがある。

因みに、烏帽子山が35山あり、烏帽子岳と合計すると92山になって4位にランクアップする。

同名の山の特徴は、城山と愛宕山は全国的に分布する。丸山、天狗山、三角山は北海道に多い。国見山は九州に多い。