山の雑学集のTOPへ

ハイマツが自生する最低標高の山、南限の山は?/ 一番長い3000mの稜線はどこ?

 *調査・執筆 津波克明 2005年頃。  * 誤りや間違いなどがあればご容赦ください。また、最新の地形図による確認作業は行っておりません。

ハイマツが自生する最低標高の山、南限の山はどこか?

 ハイマツは高山の象徴。中部山岳ではかなりの標高を登らないと見ることができない。しかし緯度の高い北海道では、標高の低い所にも生えている。その自生している場所の最低標高と南限(最低緯度)の山を2万5000分ノ1地形図で調べてみた。

 *なお、以下のデータは地形図にハイマツ記号が表示されている所の標高であって、実際に現地へ行って確認したものではない。

【最低標高】・・たったの80m。礼文島(北海道)の西海岸。地形図「香深」

【最低標高の山】・・260m。礼文岳(北海道・礼文島の最高峰)。地形図「礼文岳」

【南限】・・南アルプスの光岳(北緯35度20分17秒)。2460m付近。地形図「光岳」
 *注:ハイマツの南限の山を丸盆岳(2066m。北緯35度12分39秒。光岳の南南西15km)とする文献やホームページの記録などがある。

◇地形図で調べた主な山のハイマツの最低標高 (登山道付近)

 礼文岳 (北海道) 260m
 利尻岳 (北海道) 790m
 羅臼岳 (北海道) 430m
 アポイ岳 (北海道) 480m
 大雪山 (北海道) 1310m
 岩木山 (青森) 1060m
 早池峰山 (岩手) 1370m
 茶臼岳 (栃木) 1420m
 金峰山 (山梨・長野) 2420m
 赤岳 (山梨・長野) 2440m
 白馬岳 (富山・長野) 2330m
 北岳 (山梨) 2540m
 光岳 (長野・静岡) 2460m
 白山 (石川・岐阜) 1830m

【ハイマツ】
 マツ科。日本の高山帯を象徴する植物である。日本では中部山岳地方以北の亜高山帯~高山帯に生える雌雄同株の常緑低木。新しい火山の富士山や浅間山にはない。日当たりを好み、乾燥にも強く、砂礫地や岩礫地にも生える。風当たりの強い尾根筋や斜面では、文字通り地を這うようにして広がる。
 高山帯の下部では成長が盛んで、高さ(立ち上がり部分)が1mを越える。ハイマツが大群落をなす所を「ハイマツの海、ハイマツの樹海」などと呼んでいるが、密生したヤブ状態なので、人がなかに踏み込むことは困難。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一番長い3000mの稜線はどこか?

 わが国で3000m峰といえばすべて名山、憧れの山である。3000mの稜線歩きは気分最高だ。ところで3000mを越える稜線が長く続く所はどこか?
 2万5000分ノ1地形図をもとに、キルビメーター(地図用の距離計)で測ってみたら、トップは2.5kmで、南アルプスの間ノ岳を中心とした稜線という答えが出た。
 (なお富士山や木曾御嶽山などはお鉢=火口巡りなので、稜線扱いから除外した)。

① 2.5km 中白根岳~間ノ岳~三峰岳の手前
② 2.2km 中白根岳~間ノ岳~農鳥小屋へ下る途中
③ 1.9km 小赤石岳北側~赤石岳~馬ノ背
④ 1.8km 東鎌尾根~槍ヶ岳(槍岳山荘)~飛騨乗越~中岳南側
⑤ 1.3km 穂高岳山荘北側~奥穂高岳~ジャンダルム西側
⑤ 1.3km 肩ノ小屋~北岳~北岳の南側
⑦ 1.2km 荒川岳。東岳の東側~東岳~東岳の西側
⑧ 1.1km 荒川岳。中岳の東側~中岳~前岳~前岳の西側
⑧ 1.1km 穂高岳山荘北側~奥穂高岳~吊尾根