山の雑学集のトップ

色の付く山イロイロ   執筆:津波


山の名前には色の字の付くものが多い。これを調べていくと、同じ色の意味が共通している場合がある。

① 色の字の付く山名には、白・赤・黒・黄・金・銀・青・水・空・緑・紫・茶・灰などがある。そのものズバリの白山、赤岳、黒岳などは各地に点在する。

② 白の字の付く山名は雪山と関係が深い。加賀の白山しかり、日光や甲斐・草津の白根山しかり。白い峰を意味する。大雪渓と花畑で有名な白馬岳は、もとは代馬(しろうま)岳。残雪の間に現れる黒い馬の形の岩肌を農耕馬に見立てたもので、代が白に転じた当て字のしわざ。

③ 赤は主に山肌の赤岩や赤土に関係する。八ヶ岳の赤岳は酸化のために山肌が赤褐色を帯び、その名がある。北アルプスにある赤岳も赤茶けた山体を見せる。

④ 黒は黒木。つまり松・樅・栂などの総称で、山全体が黒木に覆われている山。もちろん、植林その他で景観の変化してしまった山もあろう。

⑤ 黄に関する山の代表は硫黄岳(山)。各地にあり、火山か火山活動の名残を示すものに多い。

⑥ 噴火口の大きい臼状火山には、茶臼岳(山)などの名称がある。

⑦ 金は男性を指す。日光の金精山しかり。金太郎を生んだ箱根の金時山、突出した峰を空へ向ける奥秩父の主峰金峰山、佐渡の金北山、奈良の金剛山、福井・岐阜境の金草山など、その周辺の山域では目立ちがりやの山である。

⑧ 灰には新潟県の灰ノ又山や灰吹山、紫には鹿児島の紫尾(しび)山があるが、灰や紫の 山名は少なくて、地図を見ただけではなかなか探すことができない。

⑨ 色の字の付く山名で最も高い山は甲斐の白根山(北岳)の3193mが有名だが、実はもっと高い山がある。富士山頂の一角、白山岳(3757m)がそれで、別名が釈迦ヶ岳。

⑩ 難読の山名としては、長野県の空木(うつぎ)岳、新潟・長野境の赤土居(あかとよ)山、富山・石川境の赤摩木古(あかまっこ)山、富山の赤谷(あかたん)山、福井の銀杏(げなんぽ)山、福島の茶筅船(ちゃせんふな)山、宮城の青麻(あおそ)山、富山の清水(しょうず)岳、長野の冠着(かむりき)山、群馬の赤久縄(あかぐな)山などがある。奥秩父の金峰山はきんぷ、熊本の金峰山はきんぽう、奈良の金峰山はきんぷせんと読み、長野の黒檜山はくろべい、日光や赤城の黒檜岳はくろび、と読む。

⑪ 2色を名乗る好色(?)な山は、山梨の黒金山。

⑫ 最後におもしろい山名。中高年の御仁に嫌われそうな山が富山の赤ハゲや白ハゲ。熊本の白髪(しらが)岳、奈良の白鬚(しらひげ)岳もある。また食事をしながら話題にしたくない金糞(かなくそ)山(福井・岐阜境)もある。

⑬ なお、ほかに鉄色、木賊色と色の種類を拡大すると、かなりの色の山がありそうだ。例:鉄山(山梨・長野境)、木賊山(埼玉・山梨境)。