荒川の景趣  更新:2017.2.9
荒川水系の四季を追ってみました。なお画像更新は定期的ではなくて、気まぐれです。

◆ 荒川河口付近 2017.2.9

△ 河口近くには座敷備えの屋形船が係留されていました。 
 中央は荒川のロックゲート、閘門です。水位の異なる荒川・旧中川・隅田川を船が航行できるように構築されたもの。 右端は清砂大橋。菜の花も咲いていました。


△ 荒川の源流からやっと河口の0メートル地点へ到着。しかし埋め立てによって本当の河口は、また先です。
 中央は高速中央環状線。荒川と中川の堤防上を走ります。 右端は葛西臨海公園の西なぎさ。ここはもう東京湾・海です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 荒川沿いで見るスカイツリー 2016.12.13

△ スカイツリーを間近に見るのは初めて。これが高さ634mもあるとは思えません・・。
 右は荒川に架かる木根川橋から見た荒川上流部。鉄橋を走る電車は京成押上線。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 荒川の重要な岩淵水門 2016.11.7

△ 隅田川はかつての荒川です。現在の荒川は、荒川放水路と呼ばれた人工河川です。その分岐点にあるのが岩淵水門。
 左は旧岩淵水門。1916 (大正5) 年から8年の歳月をかけて建設。工事を監督したのはパナマ運河建設に携わった青山士 (あおやまあきら)。以来、荒川下流域を洪水から守ってきました。
 昭和30年代の改修工事で赤い色に塗りかえられ、「赤水門」の愛称で親しまれています。現在は水門としての役目を終え、約700m下流にある新岩淵水門がその役割を担っています。
  旧岩淵水門は東京都の歴史的建造物に指定されています。
 右は新岩淵水門。1982 (昭和57) 年の完成で、青水門と呼ばれています。ここで荒川と隅田川の水を調整しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 荒川にも春が到来
 2016.3.27

△ 荒川沿いに春が到来。季節の使者は、やはり菜の花。壮大です。中流・鴻巣市内です。
 右は荒川本流に架かる滝馬冠水橋。名前のように、昔は欄干のない冠水橋でした。遠くの橋は御成橋。荒川の一帯は、川幅日本一の広さです。


△ 利根川の水を荒川に注ぐ人工河川の武蔵水路。その糠田排水機場です。この流れの先に荒川本流があります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 白鳥飛来する荒川 2016.1.28

△ 荒川の中流、深谷市内の植松橋付近では毎冬、白鳥が飛来します。この日は50羽あまり。500mほど離れた場所からの撮影です。
 右は白鳥飛来地。川面の白いものが白鳥です。遠くの雪山は浅間山。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 晩秋の荒川 2015.11.27

△ 親鼻橋からの荒川。はるか遠くに、荒川の源流である甲武信岳方面の山々が見えていました。
 中央は荒川のライン下り。人気があるようで、平日にもかかわらず、たくさん下っていくのが見られました。
 右端はカワウ。太陽に向かって羽を広げて、乾かしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 荒川の飛び石橋と蕎麦畑
 2015.6.23 

△ 荒川の秩父市の石原地区。河原に運動公園があり、目の前の川には、飛び石橋があります。遠くに霞んで見える山は武甲山。
 (右) 荒川が形成した河岸段丘が秩父盆地。そこには多くの蕎麦畑があり、蕎麦の店も多い。これは道の駅「あらかわ」の近くで撮影。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 荒川の上流で最も美しい山村・栃本 2015.5.22

△ 荒川の上流、栃本集落です。その谷間を荒川が流れています。ここからの風景は、山の雑誌や写真集などで、しばしば取り上げられました。美しい山村風景です。
 右は秩父湖の佇まい。周囲は深山峡谷。遠くの山は、三峰山から雲取山へ向かう稜線の白岩山1921m付近。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 荒川渓谷の源流・入川渓谷 2015.4.24

△ 早春の入川渓谷を訪ねました。周囲の浅黄色のなかで目立ったトウゴクミツバツツジ。 渓谷の淵の色を見るのも楽しみでした。 

△ 日差しを浴びつつ渓谷ハイキング。
 中央は水溜まりに産み落とされていたカエルの卵。まもなく無数のオタマジャクシが生まれるが、その多くは他の動物の餌に・・。
 入川渓谷には観光釣り場があります。川の使用(借用)料金はいくらになるのか、気にしながら見ていました。