多摩川の景趣  更新:2017.2.9
多摩川水系の四季を追ってみました。なお画像更新は定期的ではなくて、気まぐれです。

◆ 2017.2.9 多摩川の中流・和泉多摩川~是政橋

△ 和泉多摩川辺りから、奥多摩の山々を遠望。多摩川は、訪ねるたびにマンションが増えているようです。  右は二ヶ領上河原堰堤。堰堤右側は、まるで湖・・。

△ 多摩川親水公園で。多摩川の源流から中流から下流までの全体模型が約200mにわたって続きます。
 右は小学生のグループ。双眼鏡や画帳などを持参していました。野鳥観察でしょうか。多摩川は学習の場でもあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 2016.9.4 多摩川上流の白丸ダム・白丸湖で


△ 画の左側の階段状は、白丸ダム魚道です。ここは「明かり水路部魚道」。その上部に「トンネル部魚道」があり、ヤマメやアユ・ウグイ・イワナたちは白丸ダムの落差、30mを登り降りします。
 右は白丸湖でカヌーを楽しむグループ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 2016.6.16 多摩川上流で

△ いずれも多摩川の上流で。休日とあって、いたる所で河原遊びをしているグループが見られました。
 左は古里の寸庭橋で。 中央は川井にある奥多摩大橋で。大勢の若者がいました。 右端は御嶽渓谷で。カヌーに河原遊び・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 2016.4.29 多摩川中流で

△ 多摩川の中流、小田急線の線路下で、トランペットの練習人です。電車が通るたびに耳をつんざく轟音・・それを気にせず吹いていました-。
 中央は宿川原堰堤。 右端は堰堤で休んでいた川鵜たち。腹一杯、小魚を補食した後かしら・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 2016.4.19 春が来た多摩川の上流

△ 3画とも多摩川の上流。奥多摩駅から奥多摩湖へ向かって歩きました。春の芽吹きが迎えてくれました。
 右端は小河内ダムを作る際、その資材を運ぶために作られた鉄道-東京都水道局小河内線 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 2015.11.11 御岳渓谷の紅葉


△ 3画像とも御岳渓谷。紅葉の盛りでしたが、曇り空で、その華やかさはいまいち。平日にもかかわらず、多くの観光客やハイカーがいました
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 2015.7.7 御岳渓谷の釣り・カヌー

△ 御岳渓谷周辺では鮎の釣り人が棹を振るっていました。初夏の情緒です。
 中央はカヌーの練習。ここではカヌーの大会も開かれています。この日は平日。週末はたくさんのカヌーが出て、水面が色鮮やかになります。
 右端は、御岳渓谷沿いにある玉堂美術館の庭園。綺麗というか、心落ち着く風景。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 2015.6.6 初夏の多摩川・二ヶ領上河原堰堤・多摩川決壊の碑付近

△ 初夏の土曜日。多摩川の中流の堤防やグランドでは、大勢の人が散歩やスポーツを楽しんでいました。看板は堤防歩きのルールです。自転車と人の接触もあるようです。

△ ゆったり流れる多摩川。東京の大河でもあります。
 中央は二ヶ領上河原堰堤。堰の下で釣りを楽しんでいる人がいました。堰から落ちてくる魚を狙って、カワウやサギ類も多く見られます。

 右端は多摩川決壊の碑。1974(昭和49)年9月1日。皮肉にも防災の日に、台風16号と17号によって多摩川の水源地一帯に497mm (44時間降雨量) の雨が降り注ぎ、満水の小河内ダムは緊急放水しました。
よって、下流の支流の水を集めて多摩川は暴れ川となり、狛江付近で多摩川の左岸の本堤防が290mもの決壊。これにより19戸の家が流されました。これはテレビで放映されたこともあって、記憶に生々しい。
小河内ダムが造られてから最初の決壊でした。和泉多摩川駅近くの多摩川の左岸に、その「決壊の碑」があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 2015.4.20 春・萌え出の多摩川上流と奥多摩湖

△ 多摩川の大きな支流の1つ、日原川です。上流域には人家が少なく、清流そのもの。奥多摩駅のすぐ近くで、多摩川に合します。
 中央は多摩川の上流の新緑美。奥多摩むかし道から見るこの景色は、秋の紅葉も華やか。
 むかし道の中山集落の登りに入ると、猿の群れが盛んに食していました。時々落とすのは黄色い花。食べているのはダンコウバイでした。
参考・地獄谷野猿公苑 

△中山集落。急斜面を耕作地として利用しています。
 中央は、小河内ダムを建設する際に資材を運んだ鉄道跡。東京都水道局小河内線。氷川駅(現在の奥多摩駅)から小河内ダムのある水根駅まで総延長6.7km。軌間が1,067mm。日本の在来線に多い狭軌と同じです。
 右は春爛漫の奥多摩湖。湖岸の山肌はソメイや山桜が春を謳歌。