山の雑学集のページへ

高層湿原をいだく山  調査・執筆:津波克明 *この記事は2007年に発行された『なるほど知図帳 日本の山』(昭文社)に掲載。
                        * 誤りや間違いなどがあればご容赦ください。また、最新の地形図による確認作業は行っておりません。

■高層湿原の山


 池塘のある素晴らしい湿原風景と、美しい花畑を提供してくれるのが高層湿原。高層湿原といえば尾瀬ヶ原が名高いが、ここでは、①山頂そのものが高層湿原の山、②山頂近く(または登山道沿い)に高層湿原を抱く山をピックアップした。よって尾瀬ヶ原や立山の弥陀ヶ原などは省略してある。

◆高層湿原とは・・
 寒冷多湿の地域では、そこに生えている植物は枯れても分解されない(完全に腐らない)。よって枯死体が未分解のまま年々堆積していき、泥炭となる。これが高層湿原である。高い所にあるから高層湿原ではない。
 高層湿原の水分の補給は川に頼ることなく、雨や雪のみに頼っている。そのため栄養分(無機塩類)が少なく酸性度も高く、植生も限られてくる。ミズゴケを主とし、ヒメシャクナゲやモウセンゴケ、ツルコケモモなどが生育し、ミズゴケ湿原とも呼ばれている。
 高層湿原の表面は地下水よりも高く、部分的に少し盛り上がっている凸地(やや乾いている=ブルトという)と、窪んだ凹地(シュレンケという。水が溜まっている=池塘)がある。一般に花が多く楽しめる所は、凸地である。

◆湿原の復元作業
 高層湿原は泥炭が積み重なって成長するが、それは1年にたった1ミリという。もし、湿原に足を踏み入れてしまい、それで1~2センチ窪んでしまうと、10~20年という自然の営みが崩されてしまうことになる。これが繰り返されると、植物の生えない裸地となる。
 尾瀬のアヤメ平は、かつて「天上の花の楽園」といわれて大勢の登山者が押し掛け、湿原が踏み荒らされてしまい、裸地と化した。40年ほど前から、その裸地に湿原の種子を蒔いて植生の復元を図るという、試験的な作業が続けられている。しかし現在、完全に元の状態には戻っていない。
 素晴らしい高層湿原が、人の踏み跡によってすぐにも壊れてしまう脆弱な地形であることを十分に認識しつつ、湿原の景観を楽しみたいものだ。

◆苗場山の池塘と鈴木牧之
 鈴木牧之(すずきぼくし。1770-1842)は新潟県魚沼郡塩沢町の人。江戸時代、北越の雪に関する記事を詳説・図示した『北越雪譜』の著者として有名である。牧之は文化8(1811)年、苗場山へ登ったが、『北越雪譜』にその紀行文が掲載されている。
 牧之が苗場山に登った理由を文中から引用すると次の通り。「苗場山は越後第一の高山なり、魚沼郡にあり登り二里といふ。絶頂に天然の苗田あり、依て昔より山の名に呼なり。峻岳の巓(いただき)に苗田ある事甚奇なり。余其奇跡を尋んとおもふ事年ありしに、文化八年七月・・」と友人や従者、案内人とともに山へ向かう。
 また頂上で高層湿原を見た牧之は次のように記している。「山の名によぶ苗場といふ所こゝかしこにあり。そのさま人のつくりたる田の如き中に、人の植たるやうに苗に似たる草生ひたり、苗代を半とりのこしたるやうな所もあり。これを奇なりとおもふに、此田の中に蛙(かえる)蝗(いなご)もありて常の田にかはる事なし、又いかなる日てりにも田水枯ずとぞ」。
「田の如き」というのは池塘のことで、「苗に似たる草」というのはイグサ科のミヤマイであろう。なお秋田県の田代岳では池塘を神の田と考えて祭祀し、池塘に生えるミツガシワを稲に見立てて米の豊凶を占っている。また北八甲田山では山上各地にある池塘を「神の田」と称している。

◆高層湿原の山① 山頂そのものが高層湿原の山 ( )内数字は標高

【田代山】 (福島・栃木) 標高1971m。山頂に湿原が広がり、日光連山や会津駒、燧ヶ岳の展望もよい。高山植物はワタスゲ、ヒメシャクナゲ、モウセンゴケ、ドウダンツツジ、シラネアオイ、チングルマ、ニッコウキスゲ、タテヤマリンドウなど。

【アヤメ平】 (群馬) 標高1960m。尾瀬ヶ原の南側に横たわる稜線の高層湿原。アヤメはないが、アヤメに似た葉をもつキンコウカが多かったことにより誤って伝えられた山名とか。高山植物はミズバショウ、ワタスゲ、イワカガミ、ニッコウキスゲ、キンコウカ、タテヤマリンドウ、イワショウブなど。

【平ヶ岳】 (群馬・新潟) 標高2141m。山頂一帯は平らで湿原が広がり、展望も開豁。高山植物はチングルマ、ニッコウキスゲ、ベニサラサドウダン、ハクサンコザクラなど。山頂直下の池ノ岳(2080m)にも池塘が点在する。

【巻機山】 (群馬・新潟) 標高1967m。巻機本峰から牛ヶ岳(1962m)にかけて湿原が広がり、池塘もある。高山植物はワタスゲ、ハクサンコザクラ、タテヤマリンドウ、イワイチョウ、ニッコウキスゲ、ハクサンフウロなど。

【苗場山】 (新潟・長野) 標高2145m。山頂は平坦で4km四方に広大な湿原が広がり、池塘が無数にある。湿原には高山植物のミヤマイ(タテヤマイ)が多く、初夏になると苗田代のように芽吹くことから苗場山の名前が付けられたという。高山植物はヒメシャクナゲ、イワカガミ、イワショウブなど。
 なお苗場山の小松原登山コースに小松原湿原(上ノ代1565m、中ノ代1512m、下ノ代1339m)があり、池塘が点在し、モリアオガエルが生息する。高山植物はワタスゲ、ヒメシャクナゲ、イワショウブ、キンコウカ、サワラン、ニッコウキスゲ、コバイケイソウ、ミヤマホタルイなど。 

◆高層湿原の山② 山頂直下、または山頂の近くに高層湿原のある山 ( )内数字は標高

【大雪山】 (北海道) 大雪山を代表する高層湿原が沼ノ平と沼ノ原。沼ノ平は旭岳北西方5kmにあり、大小の池塘を無数に散りばめる広大な湿原。沼ノ原は旭岳のはるか南、五色岳と石狩岳の中ほど、台地上に大沼を中心にした湿原が広がり、池塘も数多い。高層湿原はほかに白雲岳と忠別岳の稜線にある平ヶ岳や忠別沼周辺、トムラウシ山西方の黄金ヶ原(銀杏ヶ原)などと豊富。高山植物はワタスゲ、エゾカンゾウ、ミツガシワ、ツルコケモモ、ホロムイソウ、ヒメシャクナゲ、ヤチスゲ、エゾゼンテイカ、ナガバノモウセンゴケ、フトヒルムシロなど。

【暑寒別岳】 (北海道) 中腹に広がる雨竜沼湿原(約850m)が有名。100余の池塘と湿原の花々が楽園を展開する。高山植物はワタスゲ、チングルマ、オゼコウホネ、タチギボウシ、エゾカンゾウ、ヒオウギアヤメ、イワイチョウ、ハクサンチドリ、ホソバウキミクリなど。

【八甲田山】 (青森) 高層湿原の宝庫で、八甲田山の西側中腹に階段状の毛無岱(約1000~1200m)、南側に睡蓮沼(約1000m)、そして南八甲田に黄瀬萢(約1200~1300m)などがある。花はチングルマ、イワウメ、ハクサンチドリ、ミヤマキンポウゲ、キンコウカ、サワギキョウ、ウメバチソウなど。

【八幡平】 (岩手・秋田) 八幡平の中心の八幡沼周辺(1560m)、黒谷地湿原(1450m)、南側の畚(もっこ)岳から諸檜岳~大深岳に至る稜線、大場谷地など高層湿原が随所で展開される。花はミズバショウ、ワタスゲ、イワイチョウ、イワカガミ、ニッコウキスゲ、コバイケイソウ、モウセンゴケ、ミヤマヒナホシクサなど。

【乳頭山】 (岩手・秋田) 乳頭山(1478m)から北西の田代平、東北側の千沼ヶ原などに湿原があり、高山植物が豊富。ツルコケモモ、モウセンゴケ、ワタスゲ、ヒメシャクナゲ、ミツガシワ、ミズギクなど。

【栗駒山】 (岩手・宮城・秋田) 名残ヶ原(約1160m)、龍泉ヶ原(約1350m)ほかの湿原が点在する。高山植物はミズバショウ、ワタスゲ、モウセンゴケ、イワイチョウ、イワカガミなど。 

【田代岳】 (秋田) 青森県境近く。標高1178mの山頂に田代山神社がある。9合目付近は神ノ田と呼ばれて、大小120ほどの池塘が散らばり、池塘に生えるミツガシワを稲に見立てて米の作柄を占う風習がある。高山植物はワタスゲ、ミツガシワ、チングルマ、キンコウカ、イワカガミ、モウセンゴケ、ヌマガヤ、ムツノガリヤスなど。

【屏風岳】 (宮城) 南蔵王の屏風岳の北側、芝草平(約1570~1700m)に高層湿原が広がる。高山植物はチングルマが群生し、ほかにワタスゲ、イワイチョウ、コバイケイソウ、イワカガミ、キンコウカなど。

【月山】 (山形) 8合目の弥陀ヶ原(約1400~1550m)が溶岩台地上の広い湿原。高山植物はチングルマ、ヒナザクラ、キンコウカ、トキソウ、ニッコウキスゲ、ワタスゲ、イワイチョウ、イワカガミ、オゼコウホネ、ハクサンチドリ、ホソバタマミクリなど。肘折温泉コースの念仏ヶ原(1080m)も広い湿原で湿原植物が豊か。

【朝日岳】 (山形) 主峰大朝日岳の東側、鳥原山(1430m)直下に鳥原湿原があり、池塘も点在する。かつて池塘を「天狗ノ田代」と称し、田植えの時期に稲の苗を植えて豊作を祈願したという。高山植物はミズバショウ、ミツガシワ、コバイケイソウ、イワショウブ、キンコウカ、ウメバチソウ、ミヤマホタルイなど。

【西吾妻山】 (山形・福島) 標高2000m級の吾妻連峰には高層湿原が随所で見られ、とくに西吾妻山から中大巓~藤十郎にかけて池塘群があり、花畑を展開する。高山植物はモウセンゴケ、ワタスゲ、チングルマ、キンコウカ、コバイケイソウ、ウメバチソウ。ミヤマリンドウなど。また東吾妻山の中腹の景場平(約1700m)にも高層湿原が広がる。

【会津駒ヶ岳】 (福島) 駒ヶ岳(2133m)から中門岳(2060m)へ至る草原状の稜線に湿原が展開され、花畑の散策が楽しい。高山植物はハクサンコザクラ、イワイチョウ、ワタスゲ、チングルマ、ツルコケモモ、コバイケイソウ、ミツガシワ、ミヤマリンドウなど。

【燧ヶ岳】 (福島) 御池登山道沿いに広沢田代(約1750m)、2つの大きな池のある熊沢田代(約1950m)の湿原がある。高山植物はミズバショウ、ングルマ、ワタスゲ、イワカガミ、タテヤマリンドウ、キンコウカ、モウセンゴケなど。なお至仏山には稜線にオヤマ沢田代(2030m)の湿原があり、夏は花畑になる。

【鬼怒沼山】 (福島・栃木) 山頂の南側に鬼怒沼(2039m)がある。大小50ほどの池塘が点在し、高山植物の宝庫として登山者に人気が高く、展望もよい。沼周辺はコメツガやオオシラビソの原生林。高山植物はショウジョウバカマ、ワタスゲ、コバギボウシ、ヒオウギアヤメ、チングルマ、イワカガミ、ヒメシャクナゲ、タテヤマリンドウ、キンコウカ、イワショウブなど。

【草津白根山】 (群馬) 白根山北方にある芳ヶ平湿原(約1900m)が有名。高山植物はミズバショウ、ワタスゲ、リンドウなど。ほかに大平湿原(約1610m)、弓池湿原(1910m)がある。

【志賀山】 (長野) 山頂直下の四十八池湿原(1910m)には約60の池塘がある。高山植物はワタスゲ、ヒメシャクナゲ、ミズギク、イワショウブ、ミツガシワ、モウセンゴケ、コバイケイソウなど。モリアオガエルも生息。

【火打山】 (新潟) 中腹に高谷池湿原(2100m)と、天狗の庭(2135m)と呼ばれる湿原があり、植生が豊富。高山植物はミズバショウ、ワタスゲ、イワイチョウ、コバイケイソウ、ヒメシャクナゲ、モウセンゴケ、チングルマ、キヌガサソウ、ミヤマダイコンソウなど。とくに天狗ノ庭でハクサンコザクラが群落をなす。

【乗鞍岳】 (長野) 白馬岳東方、乗鞍岳山頂近くの天狗原(約2150~2200m)、山腹の栂池平(約1850m)に大きな湿原があり、とくに栂池平は自然園として遊歩道が巡る。高山植物はミズバショウ、ワタスゲ、ヒオウギアヤメ、チングルマ、イワショウブ、ニッコウキスゲ、コバイケイソウ、ハクサンフウロ、クロユリ、タテヤマリンドウ、オオバミゾホウズキなど。

【霧ヶ峰】 (長野) 八島ヶ原湿原(約1630m)、車山湿原(約1780m)、踊場湿原(約1530m)があり、わが国を代表する高層湿原で全体が盆地状の地形。チャミズゴケが優先することからわが国では最も高層化した湿原とされる。チャミズゴケの生える南限の湿原でもある。霧ヶ峰湿原群落として国の天然記念物に指定。高山植物はザゼンソウ、アヤメ、ヤマラッキョウ、コバイケイソウ、ハルリンドウ、ニッコウキスゲ、シモツケソウ、カワラナデシコ、ウメバチソウ、タテヤマリンドウ、ヤナギランなど。

【赤兎山】 (石川・福井) 山頂(1628m)の東側に小さいながらも赤池を中心とした湿原がある。高山植物はイワショウブ、イカカガミ、キンコウカ、ニッコウキスゲ、モウセンゴケ、ミヤマホタルイなど。湿地にはトンボ類が多く生息。

【黒味岳】 (鹿児島) 屋久島の宮之浦岳の南、黒味岳の山頂直下に花之江河(1630m)の湿原があり、わが国の高層湿原の南限とされる。湿原はミズゴケが密生し、ヤクシマホシクサ、ヒメウマノアシガタ、ヤクシマオトギリなど屋久島の固有種がある。周辺は温帯性雲帯性で屋久杉やヤクシマシャクナゲ、アセビ、ビャクシンなどが茂り、湿原との取り合わせが日本庭園の雰囲気。

【主な参考文献】
『日本の高山植物』山と渓谷社
『日本の天然記念物』講談社
『日本山名事典』三省堂
『尾瀬自然ハンドブック』自由国民社
『北越雪譜』岩波書店
『日本百名山を登る』昭文社
『日本200名山を登る』昭文社