background="w8b.gif">

   山の雑学集のページへ

マタギ・鷹匠・出作りの山と里   調査・執筆:津波 2006年 *この記事は2007年に発行された『なるほど知図帳 日本の山』(昭文社)に掲載。

 集団でクマ狩りをしたマタギ、江戸時代から続けられた伝統的な鷹狩り、そして山麓の本村を離れて山に出作り小屋を建てて耕作した山民など、わが国には古くから山中で独特な労働=稼ぎがあった。

【マタギの山と里】 クマ狩りの古い伝統を守ってきたプロの狩人集団。

 マタギは東北地方の山間で狩りを生業とする人たちのことをいう。とくに秋田と青森に多い。マタギは、夏期は農業などを営み、冬から春にかけて集団で奥山へ入り、マタギ小屋に泊まって数日間狩猟を続けた。12~2月の厳冬期の狩猟が寒マタギと呼ばれて、数人で山へ入り、獲物はウサギ、テン、タヌキ、ムササビ、カモシカ、ヤマドリなどで、毛皮を取るのが主だった。

 4~5月の残雪期の狩りを春マタギと呼び、8人くらいから、多いときには40人の集団で山へ入り、冬眠から覚めたクマを捕った。クマを仕留めるとマタギ独特のケボケ(クマの皮をはぐ儀式)が行われた。クマは山から授かった恵みであり、そのことに感謝するとともに、犠牲になったクマに祈りを捧げたのである。

 マタギの狩りは古い方式を守り、山中では山言葉(忌み言葉)を用いて、これを外部には口外しなかった。またマタギ小屋での生活も厳しい掟があった。

 マタギの指揮者はシカリ(スカリ)と呼び、メアテ、ヤマサキなど地方によっていろいろな呼び名がある。狩猟組はシカリの統率に服するのが絶対だった。鉄砲を持った男だけの生活であり、クマ狩りは一歩間違うと死につながる仕事である。厳しい掟を守り、気が緩むのを戒めるためにも、シカリの命令は絶対だった。

 また狩りに出るときは銃や手槍を持つが、服装は一定していて、カモシカの皮を背に負い、麻の山袴や手袋、ハバキ(脚絆)など、土地によって身に着けるものが決まっていた。

 マタギは、古くは山立(やまだち)と呼ばれた。マタギには「山立由来記」という巻物を伝え、元祖万事万三郎が赤木明神(赤城山の神)を征伐して日光権現(日光山=男体山の神)を助けた由緒によって、山での獲物を許されたという。伝承によると、マタギには日光派「山立根本巻」と、高野派「山立之由来之事」の2派があるという。

 しかし近年、昔ほど獲物が捕れなくなり、マタギで生計を立てる人は減少し、現在マタギの形態は消滅しているともいわれる。

◆各地のマタギ
【青森】・・猟場は白神山地と秋田県境。目屋マタギ、鰺ヶ沢マタギ、深浦マタギ、岩崎マタギ、赤石マタギなど。ほかに下北半島内陸部の川内マタギ。
【秋田】・・阿仁マタギが有名で主な猟場は森吉山周辺。阿仁町はマタギの里としてマタギ文化を保存伝承し、マタギ資料館があり、秋田内陸縦貫鉄道に阿仁マタギ駅もある。ほかに桧木内マタギ、戸沢マタギ、生保内マタギ、百宅マタギなど。また和賀岳や秋田駒ヶ岳、八幡平と広域に活動した仙北マタギ、鳥海山が猟場の鳥海マタギなど。
【岩手】・・和賀岳周辺が猟場の沢内村の沢内マタギ。
【山形】・・飯豊山地が猟場の小国町の小国マタギ。
【新潟】・・朝日山地が猟場の朝日村の三面(みおもて)マタギ。飯豊山地が猟場の新発田市の赤谷マタギ。
※マタギの呼び名は正式ではない。ほかにもマタギ集落があり、またすべてが現存しているとは限らない。

◆マタギの山言葉 (土地によって異なり、下記は阿仁マタギの場合。引用『マタギ』)
アオケラ(アオシシ・コシマケ)・・カモシカのこと
アオノヨドミ・・カモシカの内臓
アバラサンマイ・・クマの胸の三枚目の骨を撃つこと。急所の1つ
イチゴ離れ(イチゴオトシ)・・親離れしてまもない3歳グマ。好物のイチゴを食べているスキに、親グマが姿を隠すという伝えに由来
オクビ・・3歳以上のクマ
カゴ・・シカのこと
カワタチ・・クマを解体すること
クロマキ・・クマの存在を確認しないで行う巻き狩り
ケト(ケド)・・狩り小屋
サジトル・・死ぬ
シコヅキ・・クマの腰骨肉で美味
タチマエ・・クマ狩りのときの撃ち手
ド・・山ウサギの足跡
トメギ・・マタギが集まるまでクマ穴からクマが逃げないように木をあてがう
ネツボ・・クマのいる穴
バッケ・・クマの頭
バンドリ・・ムササビ
ヒダリ・・クマの血
マジ・・鉄砲を持っているマタギ
ムカイヤマ・・クマ狩りでクマを追う勢仔たち

◆マタギ資料館
秋田県阿仁町にある全国唯一の資料館で国の重要文化財。マタギの狩猟道具や衣装、記録写真、動物たちの剥製などを展示する。電話:0186-84-2458

◆参考文献
『民俗学辞典』東京堂
『山の人生-マタギの村から』根深誠著 日本放送協会
『マタギ』太田雄治著 八幡書店
『マタギを生業にした人たち』野添憲治著 同友館 
 +:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+

【鷹匠(たかじょう)の山と里】 タカに獲物を捕らせる伝統的な猟法。

 江戸時代、将軍や大名は鷹狩りを好んだ。飼い馴らした鷹を野山などに放って鳥などを捕らえさせる遊びで、武芸の訓練、民情視察でもあった。放鷹、鷹野ともいう。その鷹を預かって飼い馴らす役目が鷹匠で、ちゃんとした職業だった。大名は城下町の一角に鷹匠を住まわせた。その名残として静岡や松本、弘前などに鷹匠の地名がある。また鷹が巣を作りそうな山は立入禁止にして保護し、ここで狩猟用の鷹を捕った。各地にある鷹巣山や巣鷹山、御巣山などの山名の由来はそれに通じる。

 江戸末期まで続いた鷹狩りは古流放鷹で鷹匠、犬引き、騎馬者、勢子などの集団で行い、狩り場で叢林(そうりん)に潜んでいた鳥(キジなど)を犬に探させて、鳥が飛び立ったとき、鷹匠の腕に止まっていたタカ(主にオオタカ)を放ち、タカに鳥を捕まえさせたのである。
 明治以降は宮内庁と民間の一部にその技が伝承されたが、宮内庁は昭和30年代にそれを中止した。以降、東北や愛知でわずかな篤志家が鷹匠文化を伝えてきた。

 東北の鷹匠はタカのなかでも猛禽のクマタカを使ってウサギやテン、タヌキ、ヤマドリなどを捕った。しかしクマタカは年中生肉を給餌しなければならないし、特殊な技能を要求されるわりには獲物は少なく、商売にならなくなってきた。またクマタカは勝手に捕獲することのできない国の保護鳥に指定され、海外からの輸入も禁じられたので、職業的鷹匠の灯は消えてしまっている。

◆鷹匠の里・・秋田県羽後町仙道
 出羽山地に囲まれた羽後町の山間。ここで多くの鷹匠が生まれ育ち、戦前は15~20人の鷹匠がいた。その後減ってしまい、最後の鷹匠が武田宇市郎氏(平成4年死去)。映画や小説のモデルにもなった。

◆後継者の里・・山形県鶴岡市田麦俣
 月山の麓で現在、生業として鷹狩りをするのが松原英俊氏。映画『老人と鷹』のモデルになった鷹匠の沓沢朝治氏に弟子入りし、以来30年、許可を受けたイヌワシとともに鷹狩りをしている。たった1人の後継者といわれる。

◆クマタカ・・日本にはタカ類が15種ほどいるが、なかでも最強の猛禽である。昔の武士やレジャーとしてのタカ狩りは、ハヤブサやオオタカで鳥類を捕った。

◆参考文献
『万有大百科事典』小学館
『野沢博美写真集 鷹匠』童牛社
 +:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+

【出作りの山と里】 かつて春から秋の間、山に出作り小屋を建てて暮らした。

 出作りとは、春~秋に自分の村を離れて奥山へ入り、出作り小屋を建てる拠点とし、焼畑農耕に従事することを指す場合が多い。しかし地域によっては、ほかに炭焼きや養蚕、山菜狩り、曲げ物材、狩猟などを行った所もある。

 焼畑農業は山林を伐採して火入れをし、耕地化にして4~5年間続けて異なる作物を栽培した。そして10数年~30年間耕作地を放棄して、自然林の復元を待って再度焼畑にする方法である。そのためには多くの山地が必要となる。生産力が上がると本村から独立して定着し、出村を作ることもあり、白山の麓の白峰村(現在の白山市)や九州の五家荘が有名である。

 しかし焼畑は昭和30年頃から過疎化、高齢化などの理由で数が減り、現在はほとんど行われていない。

◆出作りのあった山
【荒沢岳の山麓(新潟県魚沼市)】 奥只見の秘境といわれ、江戸時代は銀山で栄えた銀山平へ、旧湯之谷村の住民が夏期に出作りした。昭和30年代には約20戸あった。労働は養蚕、アワやヒエの栽培、木工製品など。後に奥只見ダムの工事によって道路が通じてからは出作りをやめて、釣り人や荒沢岳、平ヶ岳の登山客相手の職業に転じ、現在、伝之助小屋など9軒が宿泊や食堂、みやげ物店などの観光業を行っている。

【会津駒ヶ岳の山麓(福島)】 檜枝岐村の住民が本村を離れて、嫁郷、麒麟手、広窪地区へ出作りした。昭和40年代まで続けられていた。焼畑地では主にソバやアワを栽培し、麦やヒエ、エゴマなども作った。

【加賀・白山の西麓(石川)】 白峰村や尾口村、吉野谷村(いずれも現在の白山市)は出作り村として有名で、昭和初期には出作り戸数が約500もあった。労働は焼畑(薙畑と呼んだ)でヒエ-アワ-大豆、小豆-アワ-ヒエ-ソバといった順序で、普通は4~5年続けて栽培した。里からの通い出作り、季節出作り、永住出作りなどがあった。

【そのほか】福島県田沢町糸沢地区(七ヶ岳の東麓-喜三郎小屋)、山梨県早川町の奈良田地区(農鳥岳の東麓)、長野県上村の下栗地区(聖岳の西麓)、長野県安曇村鈴蘭地区(乗鞍岳の東麓)などで出作りが行われた。

◆参考文献
『万有大百科事典』小学館
『地形図に歴史を読む』大明堂
『日本歴史地名大系・新潟県』平凡社
『石川県のホームページ』