何でも 日本一 !! 日本唯一!!   更新:2018.2.17

☆ ここでは、「日本一」、「日本唯一」、「日本最古」などといったものを集めてみました。
  なお、「日本一」かどうか、いちいち確証を得ることのできないものもありますが、
  地元で、そのようにうたったり、喧伝されているものを、そのまま信用して取り上げています。

●サンゴソウ アップ:2018.2.17 

△ 網走・能取湖畔のサンゴソウです。日本一の広さを誇る絶景です。
   サンゴソウは、正式にはアッケシソウ(厚岸草)で、アカザ科の一年草。日本では北海道と四国で希に群生。塩生植物。
   秋になると、アッケシソウの茎や枝の濃緑色が紅紫色へ変化することから、サンゴソウとも呼ばれています。
 **……………………………………………………………………………………………**
 
●節分草自生地 アップ:2017.3.16

△ 埼玉県小鹿野町の節分草園は、規模が5,000m2で日本一と宣伝しています。果たして何株あるのだろう・・。

△ とかく小さい花で、無数に咲いていました。
**……………………………………………………………………………………………**

●鴻巣びな アップ:2017.3.3

△ 31壇、高さ7m、約1800体の人形が飾られています。高さ日本一とか。 鴻巣ひな祭りの日程は、ここをクリック

△ どうやって飾ったのだろうか・・。制作過程を知りたい方は、ここをクリック
**……………………………………………………………………………………………**

●弥彦神社大鳥居 アップ:2017.2.13
 
△ 1982(昭和57)年に上越新幹線開通を記念し、彌彦神社一ノ鳥居をモデルに建設された高さ30.16mの鳥居。 社号額は12畳敷という大きさ。
 当時は日本一の高さだったが、現在は両部鳥居としては日本一の高さ。新潟県弥彦村。

 なお、高さで日本一の鳥居は、本宮大社:高さ33.9m。 http://www.mikumano.net/meguri/oyunohara.html
**……………………………………………………………………………………………**

●誰もが知っている日本一 アップ:2017.1.10
 
△ 朝日を受けて赤く染まる富士山。高さはもちろん、その優美な姿も日本一の山。 
 右はスカイツリー。手前の川は荒川です。荒川の左岸からスカイツリーまで約4.5km。高さが634mもあるとは思えないような建物です。
**……………………………………………………………………………………………**

●日本唯一の「階段の国道」 アップ:2016.8.7
 
△ 国道339号は青森県弘前市から東津軽郡外ヶ浜町に至り、龍飛岬附近に、階段と歩道で構成された車両通行不能区間があり、「階段国道」の名で有名。
 全長は388.2m、段数は362段で標高差が約70m。すぐ近くには、竜飛埼灯台に続く「階段町道」もあります。
**……………………………………………………………………………………………**

●堤の長さ日本一と、木造アーチ橋日本一 アップ:2016.8.7
 
△ 左は津軽富士見湖 (廻堰大溜池 まわりぜきおおためいけ)。青森県北津軽郡鶴田町にある溜め池。 2010年に農林水産省の「ため池百選」に選定されました。
 堤の長さは延長4.2kmもあり、溜め池としては日本最大の長さ。

 右は「鶴の舞橋」。津軽富士見湖に架かる橋で、木造のアーチ橋としては日本一長く、全長300m。樹齢150年以上の青森ヒバを使用した橋です。
 橋の後方に見える山は津軽の名山・岩木山1625m。地元では「お岩木山」、「津軽富士」とも呼ばれています。
**……………………………………………………………………………………………**

●日本最古の桜 アップ:2016.4.21
 
△ 左は山高神代桜 (じんだいざくら)・・日本最古の桜-つまり日本一。山梨県北杜市で。
 *以下の引用:山梨県北杜市観光協会のHP。
 日本三代桜にして日本初の天然記念物指定。山高神代桜(じんだいざくら)は武川町の実相寺境内にそびえる、福島県の三春滝桜・ 岐阜県の淡墨桜と並ぶ 日本三大桜の一つ。
 推定樹齢1,800年とも2,000年とも言われるエドヒガンザクラ、その想像を絶する悠久の時を超えて咲き続けるさまは、神々しく、見る人は思わず手を合わせるとも言われ、全国の桜を愛でる人たちの崇敬を集めてきました。
 樹高10.3m、根元・幹周り11.8mもあり、日本で最古・最大級の巨木として、大正時代に国指定天然記念物第1号となりました。また、平成2年には「新日本名木百選」にも選定されています。
 伝説では、神話の武将ヤマトタケルノミコトが東征の折に植えたと言われ、名前の由来になっています。また13世紀頃、日蓮聖人がこの木の衰えを見て回復を祈ったところ再生したため、「妙法桜」とも言われています。

 右は淡墨桜 (うすずみざくら)・・淡墨桜としては日本最古。岐阜県本巣市で。
 *以下の引用:ウイキペディア。
 淡墨桜とは、岐阜県本巣市の淡墨公園にある樹齢1500年以上のエドヒガンザクラの古木である。淡墨桜は蕾のときは薄いピンク、満開に至っては白色、散りぎわには特異の淡い墨色になり、淡墨桜の名はこの散りぎわの花びらの色にちなむ。樹高16.3m、幹囲目通り9.91m、枝張りは東西26.90m、南北20.20m。樹齢は1500余年と推定され、継体天皇お手植えという伝承がある。
**……………………………………………………………………………………………**

●川幅日本一・日本一の水管橋 埼玉県鴻巣市で。 アップ:2016.3.27

荒川に架かる御成橋。一帯は川幅日本一で、長さ2,537m。
川幅の定義は堤防間の距離。ここでは河川敷内に田畑や集落もあります。

御成橋の東詰にある「川幅日本一」の標柱。
右は荒川に架かる水管橋、全長1,100mで、これも日本一。利根川の水を比企・入間地区へ送水しています。
〈アクセス〉高崎線・鴻巣駅から車で10~15分。*参考:http://www.city.kounosu.saitama.jp/soshiki/hisho/1/gyomu/4/1/
**……………………………………………………………………………………………**

●日本一の丸ポスト 東京都小平市で。 アップ:2016.1.1
 
〈アクセス〉西武新宿線・小平駅から南へ約400m。*参考:丸いポストのまち こだいら
**……………………………………………………………………………………………**

●日本一の青石塔婆 埼玉県長瀞町で。 アップ:2016.1.1

青石塔婆は板碑のこと。主に供養塔として建てられました。青石とは秩父青石のことで、秩父地方に多い緑泥片岩が原石になっています。
〈アクセス〉秩父鉄道・樋口駅から国道140号を東へ、約1km。
**……………………………………………………………………………………………**

●日本一の大イチョウ
 青森県深浦町で。 アップ:2016.1.1
 
訪ねた時、巨木の大きさなどを計測していました。
<アクセス> JR五能線・北金ヶ沢駅の西方約4km。*参考: https://retrip.jp/articles/1741/
**……………………………………………………………………………………………**

●日本一の大杉 新潟県阿賀町で。 アップ:2016.1.1

幹周りの大きさが比較できるように、少し時間待ちして、人物を入れて撮影。
〈アクセス〉 磐越西線・五十島駅の北方約2km。*参考:三川の将軍杉