山の雑学集のトップ 

日本一の低山  

調査・執筆:津波克明  *この記事は2007年に発行された『なるほど知図帳 日本の山』(昭文社)に掲載。 

 誤りや間違いなどがあればご容赦ください。また、最新の地形図による確認作業は行っておりません。


 地形図には、10m未満の山名が以下の4つ記載されている。

  山名    標高m    三角点    2.5万地形図名    府県名

① 天保山   4.53      2等     大阪西南部       大阪

② 日和山    6     標高点     塩竃            宮城

③ 弁天山    6     標高点     徳島            徳島

④ 蘇鉄山   6.9      1等      堺             大阪

 ところで、それぞれが「日本一の低山」を銘打っている。

 日和山が「元祖日本一の低山」、弁天山が「自然地形の日本一の低山」(ほかの3山は人工造成なので)、蘇鉄山が
「日本一低い1等三角点の山」として。 

 日和山が「元祖」というのは、実はこんな事情がある。天保山の名前と標高は1988年の地形図まで70年間記載されていたが、
1994年版で末梢された。その頃、超低山が話題となって、日和山が日本一の低山になったのである。その後、大阪で天保山の
記載復活運動があって、1996年版の地形図から記載されるようになったという。

 なお地形図に記載されている文字を見て、山名かどうかの判断はどうするのか?

 まず、三角点記号か標高点記号があり、傍らに標高数字があり、ゴチックの斜体文字があれば、それが山名である。ところが
三角点と標高があっても、山名が記載されていない場合もある。

*お断り
 上記の記事は、東日本大震災が起こる前の記事です。
 その後、ネットの「ウイキペディア」に以下のような記事が掲載されています。
 参考まで。

--------------------------------------

■日本一低い山 *引用:ウイキペディア
 
 国土地理院の関義治により日本全国の2万5千分の1地形図に掲載の、各都道府県で最も低い山、および標高50メートル未満の山が調査され、フリーソフトとして発表されて以来脚光を浴びるようになる。ここで山とは地形図に聳肩体(しょうけんたい:垂直線はそのまま、水平線を右肩上りとした書体)で表記されたものである。
『地図ニュース』1992年4月号に日本の低山標高一覧の記事が発表されて以来、マスコミでもしばしば取り上げられた。

 以下の山が、国土地理院の地形図に山名と共に掲載されている、または条件付きで日本一低いとされる山である。

◆築山
◇日和山、3m。
 宮城県仙台市宮城野区。1990年代に標高6mで日本一低い山とされたが、1996年7月に下記の大阪市の天保山が国土地理院の地形図により山として掲載されたため日本一低い山ではなくなった。
 2011年3月11日の東日本大震災の津波で削られ消滅したが、その後に国土地理院が行った測量で、天保山より低い標高3mの山であることが確認され、地形図に掲載されたため、再び日本一低い山となった。

◇天保山、4.53m。
 大阪府大阪市港区。1996年7月に国土地理院の地形図により山として掲載され、日本一低い山となったが、上記のように2014年4月に日和山が天保山より低い標高3mの山であることが確認されたため日本一ではなくなった。ただし二等三角点のある山としては日本一低い。

◇蘇鉄山、6.97m。
 大阪府堺市堺区。一等三角点(登録名は大浜公園)のある山では日本一低い。

◇大潟富士、0m。
 秋田県南秋田郡大潟村。日本一低い山を自他称し、地形図への掲載申請も行われたが、掲載は見送られている。

◆自然の山
◇弁天山、6.1m。徳島県徳島市。自然の山としては日本一低い。

◇笠山、112m。山口県萩市。火山として日本一低い。