日光の歴史TOPへ

勝道上人、日光・中禅寺湖などの歴史(伝聞含めて)
   

735(天平7)・・沙門(しゃもん)勝道上人生まれる。
757(天平宝宇1)・・勝道、日光開山に先立って大剣が立っている不思議な夢を見て大剣山(横根山)に登り3年修行。庵を結んで修行した所が「深山巴の宿」(県の指定)。
766(天平神護2)・・勝道一行が山菅の蛇橋(神橋)を渡って、本宮神社一帯に初めて草庵を設ける。これが後の四本龍寺で、現在の輪王寺の発祥。ここに日光の歴史始まる。
767(神護景雲1)・・4月、勝道上人の二荒山第1次登山。前人未踏の二荒山を目指し、地蔵岳-夕日岳-薬師岳の行者道を越えて大谷川に至り、四本竜寺を草庵して、誰も登ったことのない補陀洛山(ふだらくさん。現在の男体山。2486m)への登頂を志す。雪深い険しい山道で嵐にも遭って難渋して、失敗。先に発見した中禅寺湖の畔に引き返し、そこに住んで法を修めること21日、草庵に戻った。
781(天応1)・・4月、勝道の二荒山第2次登山。悪天により失敗。
782(延暦1)・・3月、勝道が3度目にして二荒山の登頂に成功、勝道48歳。
784(延暦3)・・勝道、中宮寺(立木観音)を創建と伝わる。
788(延暦7)・・勝道によって湯元温泉神社が開基されたと伝わる。薬師湯と名付け、背後の山を温泉ガ岳と命名し、頂上に観世音菩薩を祭ったと伝わる。
817(弘仁8)・・勝道死去。
820(弘仁11)・・弘法大師が湯元温泉を訪れ、観自在湯を見つけて観世音菩薩を祭ったと伝わる。
836(承和3)・・二荒山神社、正五位以下を授けられる。
939(天慶2)・・平将門、下野国府を占領。
869(貞観11)・・二荒山神社に従二位勲四等、正二位を授けられる。

1240(延応2)・・23世座主の弁覚の時に光明院という院号を四条天皇から授けられ、僧坊は衆徒36坊、支坊300坊余に発展。・・熊野三山信仰が導入され、日光の三神三仏(日光三社権現)、つまり男体山(大巳貴命、千手観音)、女峰山(田心姫命、阿弥陀如来)、太郎山(味耜高彦根命、馬頭観音)の3つの体系によって神仏が顕現すると説く信仰が定着、これらの神仏を祀る三仏堂と新宮(現二荒山神社)、本宮社、瀧尾社などが建てられた・・。

1590(天正18)・・豊臣秀吉の小田原攻め。壬生氏の影響下が小田原方についたため、戦後日光山の大部分が没収され衰微へ。
1616(元和2)・・幕府、南光坊天海を日光に遣わし祖廟を経営させ、本田正純・藤堂高虎を奉行に。
1617(元和3)・・家康を祭る東照宮が造営。
1619(元和5)・・徳川秀忠が現在の二荒山社殿を造営。
1622(元和8)・・幕府、本田正純を出羽国に配流。
1625(寛永2)・・奥白根山噴火。
1636(寛永13)・・日光東照宮の造替完了。
1645(正保2)・・日光東照権現に宮号宣下、東照宮となる。
1648(慶安1)・・家康33回忌に松平正綱が日光・会津・鹿沼3街道の杉並木を寄進植樹。
1652(承応1)・・八王子千人同心、日光火の番を勤め明治1年まで216年間継承。
1653(承応2)・・日光大猷院廟完成。
1689(元禄2)・・芭蕉・曽良、日光、黒羽、那須湯本などへ巡行。
1736(享保20頃)・・六方峰の石祠。増子善左衛門が安置。正面には「山戌日」「稲荷日」と刻まれている。
1741(寛保1)・・中禅寺湖畔に行人利用のための茶屋営業許可。
1764(明和1)・・下野・上野・武蔵などに日光助郷一揆起こる。
1778(安永7)・・日光地方に打ち壊し起こる。
1804(文化1)・・中禅寺湖畔に茶屋6軒、冬は下山。
1858(安政5)・・米と修好通商条約。オランダ、ロシア、英、仏と安政五カ国条約。
1868(慶応4)・・1月、鳥羽伏見の戦(戊辰戦争勃発)。旧幕府軍大鳥圭介は、有志2000余名をひきいて4月25日、江戸幕府の聖地日光へ。新政府軍は土佐藩士板垣退助を主将として29日今市まで進軍、正午過ぎには今市境の野口十文字で戦闘が始まった。大鳥軍も日光を脱出。

1868(慶応4・明治1)・・9.8に明治になる。横浜、長崎、箱館(函館)、神戸、大坂(大阪)、新潟、東京が開港場・開市場になり、外国人居留地出現。
1869(明治2)・・大鳥軍、閏4月1日に栗山から会津へと向かった。会津などで官軍と戦い、会津落城後後は榎本武揚の海軍と合流し、箱館五稜郭にたてこもったが、5月に降伏。日光県の設置。知事は鍋島幹。
1871(明治4)・・廃藩置県で各藩が県となり栃木は10県に。後に栃木県と宇都宮県の2県になる。神仏分離令。
1872(明治5)・・中禅寺湖への女人牛馬禁制が解かれる。
1873(明治6)・・6月。金谷ホテル開業し、日光における外国人向きのホテルの草分け。日光山麓に住む星野定五郎が華厳滝下流の大谷川で捕獲したイワナを中禅寺湖に放流。その後に二荒山神社の宮司や農商務省水産局などが淡水魚を放流。
1877(明治10)頃・・中禅寺湖畔に茶屋6軒(大木戸屋、山城屋、中村屋、和泉屋、米屋、蔦屋)、旅館らしく営業。
1879(明治12)・・日光を訪ねた英の女性旅行家イサベラ・バードが『日本奥地紀行』を著す。
1881(明治14)・・当時の農商務省が深沢にニジマス孵化場を設ける-菖蒲ヶ浜野水産庁養殖研究所の前身。
1883(明治16)・・三島通庸、栃木県令として着任。
1884(明治17)・・栃木県庁、栃木から宇都宮に移転。
1885(明治18)・・東北本線大宮・宇都宮間開通。日光を訪ねる外国人増える。
1886(明治19)・・大島藤三郎、中宮寺幸湖(中禅寺湖)漁業組合創立。
1887(明治20)・・中禅寺湖畔に初の外国人(カークード)別荘が建つ。
1888(明治21)・・県庁焼失。両毛鉄道小山・足利間開通。日光ホテル開業。9月に奥日光二荒山神社、中禅寺湖などが御料地に編入、宮内省が所管。
1889(明治22)・・12月、奥白根山噴火、山麓の住民避難、大きな被害はなし。
1890(明治23)・・夏に国鉄日光線全線開通。外国人によって日光に避暑地ブーム。宮内省のサケ・マスの孵化場が菖蒲ヶ浜に設置。
1891(明治24)・・日光停車場前に小西旅館の支店開業。ほかにも大旅館が駅前に次々と支店宿を開業。
1892(明治25)・・新井ホテル開業。
1893(明治26)・・9月。日光停車場と細尾村の足尾銅山細尾出張所を結ぶ牛車鉄道が開通。日光の町は活気づく。
1894(明治27)・・中禅寺湖畔にレークサイドホテル開業。
1896(明治29)・・中禅寺湖畔に電信取扱所、夏だけの臨時巡査駐在所。
1898(明治31)・・中禅寺湖畔に郵便窓口事務所。
1899(明治32)・・夏。外国人の国内旅行が自由になり、居留地以外でも住居可。これを期に中禅寺湖は避暑地として発展。30年代後半には日光や中禅寺の名前は外交団や政府高官などによって海外まで知れ渡る。
1900(明治33)・・星野五郎平が華厳滝の近くに茶屋開く。
1902(明治35)・・2月、米のコロラド州から川鱒(ブルック・トラウト)の卵2万5000粒を輸入、中禅寺湖畔の菖蒲ヶ浜に造られた孵化場で2万尾の孵化に成功し、5月に1万5000尾の稚魚を湯川に放流。米国産の川鱒を日本に移入した初の試みだったが、しかし9月の暴風雨と洪水により水の泡になる。
この暴風雨により中禅寺湖は男体山からの大規模な土石流に襲われ、二荒山神社や中禅寺(立木観音)、分教場など押し流され、湖に高波が発生し、湖畔の旅館や茶店は大被害を受ける。さらに大谷川も氾濫し、神橋、日光橋、牛車鉄道橋を流失、憾満ヶ淵に並ぶ100数十体の石地蔵も大半が激流に呑み込まれた。足尾道、中禅寺道と呼ばれた新道も完全に破壊。立木観音は大正2(1913)に現在の歌が浜に移遷(再建)。
1903(明治36)・・5月。第一高等学校の藤村操(みさお)少年、華厳滝に投身自殺、43日後に遺体発見。事件に影響されて若者の自殺、未遂相次ぐ。
1904(明治37)・・再度川鱒の稚魚を湯川に放流。9月日光市街で大火(全焼90戸)。
1905(明治38)・・中禅寺湖畔に常駐の巡査派出所。
1906(明治39)・・古川鉱業の足尾銅山日光電気精銅所が清滝村で操業開始。
1910(明治43)・・夏、東武日光から馬返の2キロ手前の岩ノ鼻までの8km、電気軌道が開通、大正2には2km先の馬返まで延長。

1914(大正3)・・秋に中禅寺湖畔の旅館街で火災、旅館、茶店など軒並み全焼。
1916(大正5)・・菖蒲ヶ浜に水力発電所。日光山輪王寺が株主となって中禅寺湖遊覧用のモーターボート会社できる。漁師の和船や帆掛け船、外交団のヨット、またモーターボートなどで中禅寺湖は賑やかに。
1925(大正14)・・中禅寺坂(いろは坂)の新道が幅3.50cmに拡幅、乗合自動車通行可能に(上り下り時間制限の一方通行)。
1926(大正15)・・中禅寺湖から湯元まで自動車道路が完成。

1929(昭和4)・・東武鉄道日光線開通。
1931(昭和6)・・東武鉄道宇都宮駅完成し、東武宇都宮線開通。華厳滝と中禅寺湖が史跡名勝天然記念物に指定。
1932(昭和7)・・8月、日光登山鉄道が開通し、馬返-明智平を結ぶ(ケーブルカー)。明智平-中禅寺湖間は乗合自動車で。
1933(昭和8)・・明智平ロープウェイ開業、1943年に中止、1950年に復活。
1934(昭和9)・・日光と尾瀬地区が日光国立公園に指定、50年に那須・塩原・鬼怒川・庚申山地区が編入。
1936(昭和11)・・県庁焼失。
1945(昭和20)・・米軍B29約70機、宇都宮空襲。
1946(昭和21)・・戦場ヶ原に開拓入植。
1949(昭和24)・・今市地方大地震。
1951(昭和26)・・湯元温泉から引き湯して中禅寺温泉が誕生。
1954(昭和29)・・日光町が小来川村を編入して市政施行。湯元温泉が国民保養温泉に指定。ほぼ現在の第1いろは坂が完成、カーブは30に、有料道路。
1958(昭和33)・・上野・宇都宮間電化。
1960(昭和35)・・湯元温泉からの引き湯で光徳温泉開発。
1962(昭和37)・・1959年からの二荒山中宮寺本殿大工事で、現在の社殿になる。
1963(昭和38)・・川俣ダム完成。
1965(昭和40)・・金精有料道路開通。いろは坂に上り専用の「第二いろは坂」が完成し、車の往来は自由になる。
1969(昭和44)・・宇都宮地裁、東照宮の主張を認め「太郎杉は切るな」の判決。日光開山1200年記念事業として中禅寺(田立木観音)の五大堂完成。
1970(昭和45)・・日光登山鉄道(軌道、索道も)廃止、線路撤去。
1973(昭和48)・・足尾銅山閉山。
1978(昭和53)・・日足トンネル開通。
1982(昭和57)・・東北新幹線開通。
1985(昭和60)・・尾頭トンネル開通。
1986(昭和61)・・会津鬼怒川腺開通。
2000(平成12)・・日光の社寺、世界遺産登録。
2002(平成14)・・二荒山神社、元旦に火災。

◆日光の外国人滞在者  『日光避暑地物語』による。
 明治15年  163人
    18年  533人
    20年 1200人
    23年 1358人
    24年 1741人
    25年 1928人

◆いろは坂  『日光避暑地物語』による。
 昭和10年発行『国立公園日光の展望』・・カーブの厳しい所に「五段坂」と表記。
 昭和13年。当時の登山鉄道に加藤章という人物がいて高浜虚子に師事する彼は自ら「八汐(やしお)」の俳号をもち、つづら折りの新道に「いろは坂」の名をつけた。

◆中禅寺湖畔の外国大使館の別荘  『日光避暑地物語』による。
  かつて、「夏場は外務省が日光に移る」とも言われた時代があった。
 ・英・・明治29年に建てられ、以後増改築された。砥沢にある。
 ・仏・・大正11年
 ・伊・・昭和3年
 ・ベルギー・・昭和3年

◆中禅寺湖畔の集落
 明治維新までは行者のみの集落。
 明治37(1904)年に16戸。
 大正初めに約70戸、人口300人。