農の風景

第一次産業が好きです。とりわけ「農業」には興味があります。ここでは、各地の農作業の風景や、数少なくなった作物などを取り上げています。

■ 2017.11.21 (アップ)

△ 埼玉県小川町下里地区で。わずか1キロの間に、珍しい農作物が次々と現れましたー。
  上はキビ。もう収穫してもよさそうです。 中央は深紅のレタス。ネットで調べたら、パープルレインレタスのようです。
  右端は、ヤーコン。これも収穫できそうです。サツマイモによく似た塊根をしているが、食べたことがない・・。
*───────────────────────────────────────────*

■ 2017.11.10 (アップ)

△ 埼玉県秩父市で。収穫した蕎麦の実を専用の棒で落としています。今は機械化が進んでいるが、古典的 (?) 手作業を初めて見ました。
*───────────────────────────────────────────*

■ 2017.5.25 (アップ)

△ 2画とも子供たちの田植えです。どろんこになって手植えして、よい体験学習になったことでしょう。東京都あきる野市横入沢の山田で。6月上旬。
  私の実家には水田があって、小学4年から毎年 (二期作で春・夏2回)、田植えをしていました。もちろん手植え・・。懐かしくなりました。
 
△ ゼンマイ干しです。もみながら干すので手間暇かかる作業です。5月下旬、新潟県南魚沼市清水集落で。
 右はトラクターで畑をならしています。夕日が沈みきるまでやるのであろうか。6月上旬、埼玉県深谷市で。
*───────────────────────────────────────────*

■ 2017.4.28 (アップ)

△ 田植えです。数ヶ月後の収穫を願って、懸命に作業していました。田植えの経験があり、昔は手植え。半日も作業をすれば、腰が痛くなりました。
 左は5月上旬、茨城県古河市で。奥は利根川の堤防です。 右は1ヶ月も遅い6月上旬、神奈川県寒川町で。


△ 狭山茶の一番摘みです。摘採械で採った茶葉は風圧で後方の大袋へ送られるようになっています。右画がそれで、茶葉で大袋がふくらんでいます。
 これは作業者の乗用型の摘採機です。乗らないで摘み採る機械に、2人用(下の左画)、1人用もあります。5月上旬、埼玉県入間市で。

△ 摘採機械の2人用作業機です。同じく5月上旬、埼玉県入間市で。
 右は田植えの前の地ならし作業です。後方の山は新潟の名山・守門(すもん)岳1537m。新潟県長岡市栃堀地区で。
 5月上旬の画像だが、一帯は雪国で寒く、田植えはもっと先になりそうです。
 *───────────────────────────────────────────*


■ 2017.3.21(アップ)

△ レタス植え付けの機械作業を初めて見ました。畝に被されたビニールの上に、丸い穴を開けて、同時にレタスを植えていきます。2013年3月下旬、群馬県昭和村で。


△ こちらの里芋は2014年3月中旬、東京都あきる野市で。前年の秋に収穫した里芋を冬期間、地中で眠らせて、春に出荷します。

 
△ 沖縄や奄美地方では水田で里芋を作っています。いわゆる田芋 (タイモ)。沖縄ではタンムーと発音します。右は3月に収穫された田芋。
 2007年3月、沖縄県金武町(きんちょう)で。 
*─────────────────────────────────────────────*

■ 2017.2.22 (アップ)

△ 12月の白菜畑。男性二人が白菜を一つ一つ、紐でしばっていました。こんなたくさんの白菜、大変な作業です。収穫まであと何日ほどだろうか・・。
 白菜を紐でしばるのは、霜対策、葉の間に土や埃が入らない、形を整える、糖分が増すなどの理由があるそうです。12月上旬、群馬県邑楽村で。

 
△ 収穫した白菜。出荷用というよりも白菜漬けの準備でしょうか。白菜の後ろはサトイモのようです。11月下旬、福島県南会津町の旧舘岩村で。
 右の大根干しは、やはり漬け物でしょう。晩秋から冬にかけての風物詩です。11月下旬、神奈川県相模原市の旧藤野町で。


△ 収穫したゴマ干し。9月中旬、埼玉県小川町で。 右は柿の取り入れ。甘柿?渋柿? 11月下旬、福島県南会津町の旧舘岩村で。


△ 煙草の葉の収穫。左の男性が機械で刈り取って、右の男性が軽トラックの荷台に乗せる・・という作業です。初めて見ましたー。7月下旬、秋田県の日本海側で。
 右は見慣れた稲刈り。手作業はほとんど見られなくなりました。それにしても稲穂が黄金色ではないが、大丈夫かしら・・。9月下旬、埼玉県嵐山町で。