漁の風景   更新:2018.9.16

魚介類が好きです。本ホームページの 「農」 と同様、日本の一次産業に応援したい気持ちをこめて、漁の風景を取り上げてみました。

■ 北海道の鮭とシシャモ干し アップ:2018.9.16
 
△ 秋の北海道は鮭のシーズン。鮭といえば切り身で食されるのが大半だが、このように干している所も多い。干し方もいろいろだが、全部「トバ」にするのだろうか。
  ともあれ、北海道の秋の風物詩。9月の稚内市内で。

 
△ 10月下旬のむかわ町で。本場のシシャモです。分布域が狭く、北海道の太平洋側だけにしか生息しない。すだれ干しは絵になるが、1尾づつ干す作業はタイヘン。
  5~6尾を分けてもらい、キャンプ場で焼いて食べたら、油がのって美味。これまで居酒屋で食べたシシャモとは味が違いました。
  日本に「シシャモ」の名前で大量に輸入されて店頭に並ぶものは、北太平洋と北大西洋の高緯度の海域に広く分布するカペリン(カラフトシシャモ)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

北海道の昆布漁と昆布干し アップ:2018.6.1
  夏の北海道の旅は楽しい。とくに道東や道南では、昆布漁や昆布干しの光景を見ることができます。

△ 日高海岸での昆布漁。波は少し荒いが、長い棹で昆布を引っかけて、寄せつけています。家族総出の感じ。北海道の海は、夏でも冷たいです。
   右は道南の旧・南茅部町(現・函館市)で。下の写真の干し方と違って、1本づつ丁寧に吊し干ししているのは、高級品だからでしょうか。

▽ 下は道南の北杜市茂辺地で。広い敷地に天日干しです。取り込みしやすいためか、下に網を敷いてあります。


*昆布の数え方・・ややこしいです。
  生えているのは、一本、一株(ひとかぶ)。 だしを取るのに使う際は、一枚、一片(いっぺん)。 小売り単位は、一束(ひとたば)、一把(いちわ)、一連(いちれん)など。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

九十九里浜の地引き網  アップ:2018.4.2
  九十九里浜に面する九十九里町や白子町では、観光地引き網が行われています。この日は、静岡県から観光バスでやってきた社員旅行のグループが地引き網を体験中。
  1990年代の3月、ポジカラーで撮影した画像だが、港は不明。  

△ 漁師たちが地引き網を乗せた船を海へ送り出すところ。
   中央と右端は、地引き網を引いているところ。会社員だけではなく、バスガイドや漁師の奥さんたちも加わって、楽しそうでした。 

△ 地引き網が浜へ近づいてきました。 中央と右は収穫された魚群。どんな魚が入っているか興味津津だが、主にアジとイワシで、カマスも少しありました。

△ 網に入った魚を取り入れる漁師たち。 中央と右端は、捕れたばかりの魚を炭火で焼き、食すところ。新鮮で美味しそうでした。
   *地引き網に関するページ。
   https://maruchiba.jp/sys/data/index/page/id/5898
   https://www.jibiki99.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

天草干しと寒天干し  アップ:2018.2.9

△ 西伊豆町の堂ヶ島海岸でテングサ(天草)干しをする漁民。晴れの日は早朝から忙しいようです。このテングサが冬場の寒い土地へ送られ、カンテンとなります。
  画像は1990年代のものです。
  なお、テングサの潜り漁の様子は、このサイトをご覧ください。 http://www.ogata-tengusa.jp/nishiizu.html


△ 長野県茅野市。冬期間は冷え込み、晴天率も比較的高くて、昔からカンテン作りが盛んに行われてきました。左側の画像、遠くの山は蓼科山です。2014.2
  なお、カンテン作り日本一の茅野市では、2月16日を「寒天の日」に制定し、「寒天の里」とうたっています。
  詳しくはこのサイトで。https://www.youtube.com/watch?v=0XeQl71_gF0

■ 塩鰹  アップ:2018.2.9
  
△ 静岡県西伊豆町の田子漁港で出会った塩鰹干し。大量には作られていないようです。どのような味なのか、興味があります。
   1本4000円は、高いか安いか・・?
  *参考サイト  https://www.zukan-bouz.com/zkan/zkan/dokuhon/kakou/katuo/siokatuo.html
            https://www.himonoya.net/himono/ht071/