山の雑学集のページへ


山と岳と峰の違いは?   *執筆:津波 2005年

『広辞苑』を開いてみると、山は「平地よりも高く隆起した地塊。谷と谷との間にはさまれた凸起部。山岳」とあり、岳は「たか(高)と同源。高くて大きい山。高山」とある。

 それを素直に解釈すると「山」よりも「岳」が高いように受けとれる。ところが、そう単純なものではない。「山」のつく最高峰は富士山だが、ほかの「岳」のつく山は富士山よりも全部低い。北岳も穂高岳も槍ヶ岳も。「日本百名山」の開聞岳は標高が924mに過ぎないのに「岳」がつく。

『世界山岳百科事典』には、日本の山の3000m峰が27座記載されているが、「山」のつくものは富士山と立山のみで、ほかの25座は「岳」である。また2800m以上の山も「岳」が圧倒的に多い。

 しかし、そのことからして、「岳」が「山」よりも高いということではない。極端な例は沖縄である。沖縄の山には「岳」のつく山名が顕著で、標高がたったの100~200m級の山にも「岳」がついている。沖縄において山は「御岳(うーたき)=拝み山・聖地」を意味する場合が多いので、ローカル的な解釈が必要になってくるのである。

「峰・嶺」はどうか。同じく『広辞苑』によると、峰は「山のいただきのとがった所。山頂」とある。確かに山頂の鋭い岩峰や岩頭などにつけられた名前ではあるが、そればかりとは限らない。富士山や木曾御嶽山、乗鞍岳の山頂には剣ヶ峰があるが、そこは最高所であって、尖ってはいない。
 
 自然地理関係の本を数冊調べてみたら、「山地・山脈」の定義はあったが、「山・岳・峰」の定義は見あたらなかった。

 私の見方では「山」は独立峰に多く、「岳」は連峰や山塊のなかの1座を指す場合が多いようである。「峰」は山頂の1峰に、また岩峰や岩頭に多く使われて、南アルプスのアサヨ峰や駒津峰、四国の三嶺のように連峰の1座も見られる。