山の雑学集のトップへ

山や峰を表す漢字/ 「山」をどう読む?/ 人名に似た山名は?    調査・執筆:津波克明  2005年頃

■山や峰を表す漢字にはどんなものがあるか?

 山を表す漢字、いわゆる終わりの文字には「山・岳(嶽)・峰(嶺、峯)・森」が圧倒的に多く、次に「頭・鼻・耳・首・腰・丘・塚・段・台・境・丸・巓・ドッケ・コバ」などが目につく。そのほかにはどんな文字があるのか? 調べてみると実に多彩である。以下、列記した。

 一服劔(いっぷくつるぎ 富山)、一方高(いっぽうこう 秋田)、一本山毛欅(いっぽんぶな 福島)、二ノ沢畚(にのさわもっこ 秋田)、三尖(みつとぎり 宮崎)、三ノ塔(さんのとう 神奈川)、三毛別(さんけべつ 北海道)、三本杭(さんぼんぐい 愛媛)、三本迫(さんぼんざこ 鹿児島)、三本楢(さんぼんなら 山形)、三本杉座(さんぼんすぎくら 秋田)、八方睨(はっぽうにらみ 長野)、八ツ木(やつぎ 秋田)、九頭女(くずめ 兵庫)、十二坊(じゅうにぼう 滋賀)、十六仙(とうろくせん 岡山)、十六方(じゅうろっぽ 長野)、大凸部(おおとんぶ 東京)、小洞(こぼら 岐阜)、下見宿(したみじゅく 長野)、登尾(のぼりお 奈良)、登り尾(のぼりお 静岡)、元光兎(もとこうさぎ 新潟)、日本国(にほんごく 山形)、日本コバ(滋賀)、牛城(うしがじょう 愛媛)、平城畑(ひらじょうばたけ 新潟)、白毛門(しらがもん 群馬)、伊東無(いとうなし 東京)、向赤松嵓(むこうあかまつぐら 新潟)、沖ノ追落(おきのおいおとし 群馬)、枕流軒(ちんりゅうけん)、等検境(とうけんきょう 島根)、局ヶ頂(つぼねがだけ 三重)、坊ノ奥(ぼうのおく 兵庫)、乱杭野(らんぐいの 宮崎)、矢の音(やのおと 神奈川)、三羽折の高手(さんばおりのたかて 福島)、竹のハザ(愛媛)、大ズッコ(兵庫)、二本ボソ(三重)、芋掘ドッケン(埼玉)・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■「山」をどう読む? ヤマ、サン(ザン)、セン(ゼン)?

『日本山名事典』によると、「山をサンと読むのは漢音。一般的に知られた山に多く、民謡などに歌われるときも多くはサン」とある。

 お寺の正式名称は「○○山○○寺」でサン読みをするし、山岳信仰で賑わう月山や男体山、御嶽山もサンであり、サンは宗教に関係する読み名かもしれない、という見方もできる。しかし山岳信仰の盛んな立山はヤマであり、日本武尊の伝説のある武尊山や両神山もヤマであり、またヤマ、サンの両方読みをする山もかなりあるので、一概には決めつけられない。

「日本百名山」「200名山」「300名山」では、山をセン(ゼン)と読むものに大山、氷ノ山、上蒜山、扇ノ山があり、すべてが中国山地である。中国山地にはほかにもセンと読む山が多く、標高1000mを越える山だけでも勝田ヶ山、擬宝珠山、毛無山、雄山、雌山、耳スエ山などがある。このセン読み(呉音)の山を他の地方で見つけるのは、なかなか困難である (福島と大分に霊山があるが・・)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


■人名に似た山名は?

 日本人に多い姓は何か? 第一生命広報部の調査資料によると、1位が佐藤、2位が鈴木、3位が高橋で、以下田中、渡辺、伊藤(伊東)、中村、山本、小林、斉藤がベスト10という。ではその姓と同じ山名はあるだろうか。例えば佐藤山とか・・。

『日本山名事典』でつぶさに調べてみたが、鈴木山、田中山、渡辺山は見つからなかった。ほかはあるにはあったが、せいぜい1~2つで、意外と少なかった。
 多いのは城山、丸山、大平山、高山、大森山、高倉山、国見山、三角山、向山など。

 また名前を調べると、与佐右衛門山、与四兵衛山、次郎左右衛門岳など昔によく使われた名前が多くあり、太郎山、次郎岳、四郎岳、七郎山、九郎岳、十郎山など、兄弟の名前も多い。それにしても「郎」のつくものが目立つ。

 ところで姓名ともに似た山名はいえば、そうあるものではない。野口五郎岳(富山・長野)、黒部五郎岳(富山・岐阜)、白河鎌房山(福島)、野谷荘司山(石川)、馬狩荘司山(石川・岐阜)などわずか。

 また同じく峠名を見ると、佐敷太郎峠(熊本)、赤松太郎峠(熊本)、津奈木太郎峠(熊本)があった。全部「太郎」の名がつき、そして熊本である。