新・季節の足音 ①

長らく続けてきた「季節の足音」を閉鎖して、「新・季節の足音」に変更・更新しました。
私は仕事や趣味、学習、健康維持などを兼ねて、あちこちを訪ねています。ここでは、そのときのスナップショットを、気まぐれに連載しています。
                 --------------------------------
新・季節の足音 №3 2018/1/22  冬の花、春呼ぶ花

△ 埼玉県長瀞町の宝登山 (ほどさん) は、蝋梅と梅の花で有名です。蝋梅は約3000本、梅は170品種、約470本植えられています。
   現在、蝋梅が咲き始めて、観光客を集めています。  右は、梅の林床でわずかに咲いていた福寿草。

▽ いずれも宝登山で。早春を告げるマンサク (満作。金縷梅) が咲いていましたー。特徴のある花弁は、一度覚えると忘れません。
   「 まんさくに滝のねむりのさめにけり 」 加藤楸邨。  梅園では紅梅の花も咲き始めていました。
**------------------------------------------------------------------------------------**

新・季節の足音 №2 2018/1/12  冬の花と霜柱

△ 今年初めてローバイ(蝋梅)を見ました。その隣では水仙も・・。横浜市瀬谷区で。 
   右端は霜柱。土を盛り上げていました。今冬は冷えこみが強いのか、ここのところ連日のように見かけます。東京都東村山市で。
  
   「臘梅や 雪うち透す 枝のたけ」 芥川龍之介。  「水仙は 咲かでやみけり 霜柱」 正岡子規。
**------------------------------------------------------------------------------------**

新・季節の足音 №1 2017/12/31  白鳥・越辺川

△ 埼玉県の比企地区を流れる越辺 (おっぺ) 川には、冬になると白鳥が飛来します。この日の早朝・6時半過ぎには、60羽ほどいました。
  川霧の中、ゆっくりと泳いだ後は、助走をつけて、次々と上空へ・・昼間の餌探しです。

△ 午後の3時頃に再訪したら、白鳥のほとんどが戻っていて、羽を休めていました。

△ 岸辺へ行くと、白鳥たちが近寄ってきて、「餌をくれないかなーー」・・・・。
  右は、「あっ、いた、いた・・」と言いながら給餌をする人。その「いた、いた」というのは、片羽を失って飛ぶことができず、留鳥になってしまった1羽の白鳥のこと。