季節の足音のTOPへ

季節の足音 ④

季節の足音 №47 2019/10/12 何の実?

△ 果実の中に3つの種子が入っています。これは野生化した茶の木にできていたもの。野生の茶は、秋に白い花が咲き、翌年の秋に、このように成熟した果実ができます。
  地形図の地図記号の茶は、この果実を図案化したものです。埼玉県所沢市で。
  右は、『地図の記号と地図読み』大沼一雄著、東洋書店刊 (2005年) から転載。
◇--------------------------------------------------------------------------◇

季節の足音 №46 2019/8/29 マタタビ、タバコの花
 
△ 茨城県の最高峰・八溝山の下山後に収穫したマタタビです。焼酎漬けにするために、ヘタを取ったり、洗ったり、ふいたりして、やや面倒。
  右の画で、左は昨年9月に焼酎漬けしたナタタビ。少し飲んでみたら、複雑な味・・。その右は、漬けたばかりのもの。
  なお、マタタビは健康によい食材のようです。参考まで。 http://www.sansaikinoko.com/matatabi1/riyou.html#03


△ タバコの花です。初めて見ました。栃木県那須塩原市で。
◇--------------------------------------------------------------------------◇

季節の足音 №45 2019/7/14 今どきの花、果実

△ ムクゲの八重の花。埼玉県の越生町で。


△ マタタビの果実。これはカボチャ型で、ほかに紡錘型の果実もあります。埼玉県越生町で。
  右はオカトラノオ。神奈川県箱根町で。


△ ワルナスビとヤブカンゾウです。いずれも埼玉県所沢市で。
◇--------------------------------------------------------------------------◇

季節の足音 №44 2019/6/13 久喜市菖蒲町で。ラベンダーと菖蒲

△ 菖蒲支所前では、広~いラベンダー畑があり、見頃を迎えていました。独特の快い香りが周囲に漂っていました。 
▽ 土手沿いのラベンダーは蕾で、開花はこれから・・。 


▽ ラベンダー畑から徒歩約10分、菖蒲城址あやめ園です。名前はあやめ園でも、咲いていたのは菖蒲だけ。
  この日は強風で菖蒲が揺れて、アップ写真は、ほとんどボケていました。

◇--------------------------------------------------------------------------◇

季節の足音 №43 2019/5/28 ヤマツツジ・ウワミズザクラ

△▽ 八方ヶ原の学校平では、今がヤマツツジの花盛り。栃木県矢板市。

△ 右端はバラ科のウワミズザクラの花。夏にできる果実は、果実酒によいといわれます。
◇--------------------------------------------------------------------------◇

季節の足音 №42 2019/5/19 季節が進む-ミカン・スイレンの花

△ 神奈川県の曾我丘陵で。ミカン畑の花が咲き始めました。花は清楚ですが、近づくと特異なニオイがします。好みではありません。


△ さいたま市の岩槻にある岩槻城址公園跡の濠で。スイレンが花盛りでした。